Category Archives: 仮想通貨

架空請求キター

今日の郵便は、何がが来たかなと思い、
開けてみれば、架空請求キター

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」
というタイトルで、何やら面倒くさいことが書かれている。
ちょっと調べたら、出るわ出るわ、同じタイトルで、
同じ内容の架空請求の記事が。
でも、文面が微妙に違ったりするのは、なにか意図があるのかね。
うかつに文面を公開すると、相手に余計なヒントを与えそうだ。
文面が突っ込み所が多くて、レベルの低さに笑ってしまうのだが、中学生くらいの学力で、テンプレートを見ながら書いたのかね。
「告知のお知らせ」って、「頭痛が痛い」と同じ言い回しだよ。
頭悪る。誰か校正してやれよ。
再生トナーを使っているのか、文字がカスレているし、
こんなものでも、ボケ老人とか、情弱な人とかなら、
引っかかるのだろうね。
はがき代だけでも、大量に出せば、経費が掛かるだろうに。
一応、はがきは本物のようだが、発送は豊島区になっている。
まず、住所が間違っているのだよ。
郵便物はそれでもなんとか届くのだが、
本物の法務省ならば、まさか住所は間違えないだろう。
だいたい、誰が誰を民事訴訟したと、一切書かれてないに。
字が読めないぞ、もっと良いトナーとプリンターを使いたまえ。
いいネタ提供してくれて、ありがとうございます。

仮想通貨、凪から反転したか

ここ最近は、仮想通貨の相場は下落が続いて、
凪の状態で下げ止まったように見えていた。
それが昨夜から、反転したかのよう急騰している。
このまま、仮想通貨は忘れ去られるのかと思いきや、
どうしたことじゃ。
昨年末のバブル前の水準まで戻っていたから、
これ以上はもう下がらないと思っていたが。

セルインメイの例えもある。
多少戻したくらいで、焦って買わないことだ。
ただの騙し上げでなければ良いのだが。

採掘開始6か月目

最近では、仮想通貨もすっかり信用不信が付きまとい、
レートが上がる気配を全く感じなくなった。
年末のバブル以前のレートに戻りつつある。
おそらくは、このままの低いレートを維持し続けて、
そのうちニュースにもならなくなるのかもしれない。
少し前までは、毎日のようにニュースになっていたのに、
取り上げられることも少なくなったね。
基本的に、悪いニュースしか流れないし。

そんな仮想通貨だが、ETHの採掘を今でも細々と続けている。
レートが最盛期からグンと下がって、月に7000円分も採掘できれば良いほうだ。
このレートだと、続けてもどれほど意味があるのか疑問符が付くが、せっかく始めたものなので辞めないで続けてみようと。
継続は、力なり。
そのうち、何か目ぼしいものを発掘できるかもしれんがね。

不思議なことに、仮想通貨のレートが落ち込んでいるにも関わらず、グラボの値段は高いままだ。
今なら、少なくとも自分が買った値段より、高く売り払うことも可能だ。
初期投資さえ回収できれば、採掘した分は丸まる儲けということになる。

仮想通貨は、儲からないね。

ここ数か月というもの、仮想通貨関係は、悪い材料ばかりで
どんどんレートが下がっております。
せっかく、採掘したETHも、レートが一番良いときから半額くらいになってしまいました。
これでは、採掘しても儲かるどころか、電気代も出なくなります。

仮想通貨のレートが下がっている理由として、
CCやGOXが、保証金返済に応じるために多額のBTCを
売却し続けていて、その売り圧力が大きい。
同じく、個人投資家が確定申告のために、仕方なく通貨を売り
納税資金を調達している。
金融庁をはじめ、各国の規制が強化される傾向が極まっている。
ハッキングや資金流用などGOXネタが途切れない。
など、ロクな材料なないのですが、
逆に言えば、ここを乗り超えれば健全な市場として認知される
ということでもあります。

また、CCで強制決済されて戻った資金は、
純粋に銀行預金されることは少ないでしょう。
どうせまた、すぐに仮想通貨に投資されます。
CCには、入金はされないでしょうけど。

楽観的に考えれば、業界や市場が消えてなくなることは
考えずらいので、落ち着けば活気が出てくるでしょう。

無事に出金でけました。

Zaifは、とりあえず業務改善命令で済んだようだね。
業務停止処分にはならなくて、良かった良かった。
出金も、特に遅延なく引き出せました。
金融庁が張り付いたら、おかしな振る舞いは草々できまいて。
まあでも、いつ業務停止になってもおかしくない状況
なのは変わらない。
安全な取引所が形成されるまで、仮想通貨はお預けですな。

モザイクが外れたネムがすでに多く出回っていて、
うっかり仮想通貨を取引したりすると、
そうした経路の通貨が紛れている可能性がある。
知らないうちに、自分の財布が汚染されているとなると、
どこをどう疑ってよいかわからないね。
何の関係もないのに、事情を聴かれるとか嫌だから。
ウォレットアドレスとか、下手に公開できないよ。

Zaifが狙われたのも、たびたび顧客情報の流出があって、
ハッキングされたアカウントが出回っているから。
また、手数料が安くて、換金できるのもありがたい。
そんな所に、ダークネムが転送されたら、
換金されたとしても、それが当の犯人なのかすらわからない。
アカウントだって、いくらでも偽装できそうなものだ。
本人確認だって形式的なもので、ずる賢い奴らだったら、
捨てアカウントの一つや二つは持っているだろし。

やばばば、まじ業務停止命令か。

件のダームネム換金の件で、金融庁から業務停止命令が
出る噂が広がっております。
zaifとしては、いったんモザイクが外れた以上、
通常のネムとして、
処理するのは、致し方なく当然のことでなんですけどね。
CCは、業務停止にならなくて、Zeifは命令でるんですね。
結果的に、犯人に加担したことになるのでは、
業務停止もさもありなん。
とりあえず、日本円は出金申請したのだが、
間に合うだろうか。

zaif出金した。

CCの事件は、いまだに解決していないのは、
たんなる時間引き延ばし策でしかなく、
仮想通貨を預けている人は不安でたまらないだろう。
こうしているうちにも、ずるずると通貨の値段は下げていて、
損切するタイミングを逸している。
法的整理の準備をしているようにしか思えない。
計画倒産、破産後に、大手資本による再建という筋書なんだろうね。

巷の噂では、流出したXEMのほとんどはすでに換金もしくは
他の仮想通貨に交換されたようだ。
XEM財団の無策ぶりを露呈した形で、引いては仮想通貨全体の
信頼性を落としめてしまった。
ホワイトハッカーって、捜査権もなければ、
アフィリ欲しさに記事を投稿したいだけで、
犯人に捜査かく乱の手段を与えてしまった。
今後も、同様の事件が起きるたびに、
勝手に公開捜査のようなサイトが乱立するのだろう。

CCだけでなく、Zaifも先週はサーバー能力不足と思われる
長いヒゲが発生して、全く恐ろしい事態が発生している。
大してニュースになっていないのは、
ゴーリキーのCMを流し始めて、マスコミを押さえているからだろう。
CCの流出事件と同じくらい、大ニュースになっても良いくらいなのに。
FXだと、よくストップ狩りという呼ばれる、
異常レートを故意に発生させて、
高リバのユーザを破産に追い込んだりするが、
それの仮想通貨版だ。
ZAIFのようなサーバー能力が低くと、そうした事態が故意でなくても
頻繁に起こりうる。
これまでも度々、そうした長いヒゲが発生していて目撃している。
CCもZaifも似たようなものだから、
採掘した通貨は都度換金して、コマ目に出金をする。
CCのように、いつ出金停止を食らうかもわからないからね。
安全のために、出金手数料は、くれてやるわ。

仮想通貨のアービトラージというと、

BTCなど仮想通貨のアービトラージというと、
取引所間の価格差を狙ったものが有名だが、
実際には値動きが速くて大きく、
取引所のよってはきっちりと約定しないことも多くて、
狙った通りには差を取れないのが実情だ。
さらに転送時間がかかることで、
もたもたしていると価格が大きく動いてしまう。

そういったアービ以外に、
コインチェックの騒動に乗じたアービ手法も存在するようだ。
コインチェックでは、日本円の出金が再開されたばかりで、
他の取引はできないと思われているけど、BTCの売買だけは可能だ。
現在、日本円への換金売りが多くをしめると思われて、
一時的にBTCが相場より安く取引されている。
コインチェックに全面的な信頼を置くのは、大変危険だけが、
危険を顧みずに、入金してBTCを安く買い、
同時に他の取引所で高く売ることで、差額が得られる。
特に、ビットフライヤーのFXでは、
価格乖離が常態しており、相場より高く売ることでSFDという
スワップが得られる。
いずれ、コインチェックはBTCの転送や他のアルトコインの
取引も再開されるだろうから、それまでホールドすれば、
価格乖離はおさまるだろう。
乖離がおさまったころで、ビットフライヤーに転送して、
現渡をすれば差額を得ることができる。
ビットフライヤーでは現渡手数料が、20%もかかるが、
20%以上の価格差が得られればやる価値はある。
金額が大きければ、数パーの利ザヤでも確実に儲かる可能性はある。

そのビットフライヤーだが、FXではスワップが発生する。
乖離が10%を挟んで、スワップがもらえたり
払わなくても良かったりするから、
ぎりぎりのラインで両建てすると、スワップをタダ取りできる。
相場を巧妙に読む必要があるし、ポジションを維持するには、
金利もかかるから、実際に儲かるかどうかは疑問だ。
そのせいか、FXでは相場より10%高いのが固定化されている。
今後、スワップについては改定されるようだ。

仮想通貨の世界は、いろいろダイナミックに動いているから、
これからもアービの機会が生まれては消えるだろう。

ETHの採掘、4カ月目くらい

最近では、すっかり仮想通貨に対する熱意が冷めています。
が、ETHの採掘は、ほそぼそと続けていて4カ月目くらいです。
毎週火曜日に採掘報酬が転送されてくるので、さっそくZAIFで換金します。

CCの件で、やや沈滞気味だった仮想通貨相場ですが、
なぜだか、持ち直しております。
BTCは、100を回復して、ETHも10万円台をキープしています。
金融庁が本格的に動き出して、安心感と安定感が出てきています。
やっぱり、FXの初期の頃とよく似ていますね。

CCもそう簡単には、倒産も破産もさせてはくれないでしょう。
出金が始まって称賛する人も中にはいるようですけど、
そんなの当たり前だし、実際には逃げたくても逃げられだけですから。
旅行代金とか着物とかの代金とは、比較にならない金額です。
もしそうなったら、死人が出てもおかしくはない。

個人商店の店頭市場から、大手資本やお役人の管理下に移行して、
安定した相場が出来てくれば、使い込み詐欺やノミ行為などが減って、
健全な市場に育ってくれればと思います。

採掘報酬は、これで合計5万円くらい貯まったでしょうか。
グラボ代や電気代を引くと、どの程度残りますか疑問ですが、
大きく損さえしなければ、このまま継続で。