良い評価の近道

良い評価を得るためには、基本が一番

(1)スピード
アマゾンでは、何より配送のスピードが優先される。
発送が迅速なのが、なにより喜ばれるし、翌日にでも届くようならサプライズで喜ばれる。
発送が早いと、順にが上がる仕組みでもあるようだ。
だから、発送は貯めないで、できるだけ早く送りだすようにしよう。
(2)的確なコメント
例え、本の状態に難があっても、それが的確にコメントされていて、ふさわしい値付けが
されていれば、決してクレームにはならない。むしろ、安心感を持ってもらい、好感を得られる。
(3)丁寧な梱包
発送には、送料に250円を頂いているので、それにふさわしい梱包が大事である。
オークション感覚で安っぽい梱包をすると、送料分だけ損した気になり易い。
だから、梱包にはできるだけ丁寧に気を使おう。

こういった点は、基本の基本なのだが、なかなか数をこなしていると手を抜きがちだ。
真面目にやっていれば、良い評価は自然と貯まる。
注文も増え、売上も増える。

ヤフオクで吊りあげに遭遇した件

最近のオークションの出品者は、どうもお行儀が悪い人が多いようだ。
入札した最高金額ままの金額まで、吊り上げに合ってしまった。
どうも、様子が変だと感じたので、それ以上は入札しないことにした。
案の上、他の入札者もひっかかってしまったようだ。
こうゆう手口があるのは、知ってはいたが、いざ自分が引っかかると
ちょっとむかっとする。
もし、落札に至れば、こいつには悪い評価を付けるかもしれない。
このパターンだと、オークションの早い時期や最初から入札が一人存在している。
二人目以降の入札は、10円単位で競争させて最高値まで引き上げるのだろう。
最高値に達したら、その入札をキャンセルするのだ。
こうゆうのに慣れてきたので、入札で中途半端な値段を入れるのが常だが、
現在の最高値が切りの悪い値段で止まっているのは、こうゆうたちの悪い出品者だからだ。
今度から、現在の最高値が切りの悪い値段になっていたら、そこに参加するのは
もうやめてしまおう。
それ以上に吊りあげを食ったら、出品者の思い通りになり、ざまがないし
思惑通りにさせないためでもある。

ヤフー簡単決済は使わない方が良い

ヤフオクで仕入を行うと、気になるのは決済時の手数料だ。
落札回数が増えれば増えるほど、この手数料分が大きくなってくる。
できるだけ、安く抑えるにこしたことはない。
だいたい落札する、簡単決済を勧められることが多いが、
安くても98円は手数料に取られる。
ネット銀行やメガバンク、郵貯ダイレクトなどは、同行間振込手数料が、
タダとなるかこれより割安になることが多い。
出品者は、これらの口座を複数提示することがあるので、こちらも
複数口座を用意しておけば、決済手数料を殆ど払う必要はない。
どちらの口座もネット上で振込できるので、簡単決済と手間は全く
かわらない。また、同行間なら24時間振込が可能だ。
他行であっても、SBIとかなら3回無料となるし、他にも楽天以外なら
無料となる優待がある場合がある。
もちろん、楽天銀行が相手なら、ステージを上げておけば楽天から振込めば振込手数料は
かからない。VIP程度までならステージを上げるのは、そんなに難しくはない。

売上が頭打ちか

この半年くらい在庫数は順調に増えているのに、売上が横ばい状態だ。
売上が横ばいでも、以前に比べてコストカットや目利きの効率も良くなっているので、
利益は増えていると思うが、もう少し売上が増えても良さそうだな。
どこに原因があるのだろうか。
当初、在庫が増えれば比例して売上も増えるともくろんでいたが、
決してそうではないようだ。
在庫が増えるのは、不良在庫が増え続けているのであって、
これは定期的に処分をした方がよいだろう。
いつかは売れると思っていても、一年たって売れないものは、何年たっても
売れないと思う。
かと言えば、一年くらい経ってようやく売れるものものあるから、その加減が微秒だ。
株でいえば、損切りが重要だ。
できるだけ損をしないように在庫を減らすのが肝要だ。
資金を確保して、再投資すれば、目利きの感は上がっているのでまた儲けることができる。
イケてない古本屋が本の山に埋まって、いつか消えてなくなる道理だ。
市場にあっていない勝手な価値観で在庫を増やした結果がああなる。

GMOの株主優待は、本人以外使えない

GMOの株主優待をオークションなどで見かけるが、
とくとくチケット以外の優待は、本人以外は使えない。
優待を申し込む段階で、本人チェックが必ず入るからだ。
優待を申し込んだ人と株の名義人がことなると、GMOで優待を断られる。
だから、オークションでこれを手に入れたとしても、とくとくチケットの2000分の
利用しかできなくて、その程度の価値しかない。
もちろん、本人が有効に使えば、他の優待制度を最大限に活用して、
12000円分はもとが取れる。
ここで、ポイントとなるのは、優待を申し込むサービスの登録名義と、
株の名義人が同じであることである。
株の名義人は、融通が利かないが、申し込むサービスの登録名義は、
跡からでもどうにもでなる。
まあ、つまらない画策をしても大して意味はないので、
とくとくBBで開通して、クリック証券でGMOを売り買いして、GMOの優待を取り、
カラメルでお買いものしてあげれば、すべて完結してやりくりすることができる。

楽天銀行のステージポイントアップ

楽天銀行のステージアップのために、レベルがただで稼げることが分かった。
楽天銀行から他の証券会社の口座へ即時入金を行う。
1000円以上でないと振込できないが、ただで資金移動ができる。
そして、ポイントが1レベル加算される。
これを毎日行えば、30レベルは稼げる。日に何度も行えば、もっと稼げる。
ステージレベルにあと少し足りない時に、これを使えば加算が無理なく出来るので
便利だ。
毎月30レベルはこれで稼げるのだから、3か月で75レベルは楽勝だ。
これだけで、ステージがプレミアムにアップする。
他のテクニックの合わせれば、150レベルは軽く稼げるのでVIPになるのは、
それほど難しくはない。
楽天銀行間の取引が7回無料となれば、オークションなどの決済に困ること
全くない。

ヤフオクで騙される人

ヤフオクで悪い評価があるのに、入札して結局だまされてしまうおめでたい人が結構いる。
私なら悪い評価が一つでもあれば、その段階で疑い深くなり、おそらく入札しない。
悪い評価が1つでもあれば、その10倍は、取引になんらかの問題があったはずだから。
悪い評価がある人の評価の一覧をみると、明らかにサクラを使った評価が混じっている。
そういったものは、悪い評価の跡を打ち消すかのように良い評価が並ぶので、
悪い評価をなんとかごまかそうと必死になっているのがあからさまに見てとれる。
だいたい、悪い評価の直後の評価は、1円出品などで適当なネタで
評価を稼ぐか、場合によっては別アカウントで落札して自分で評価をねつ造するかだろう。
そうして、良い評価をいくつか混ぜれば、おめでたい人が間違って再び入札してくれる。
でも、結局はそういうのは、出品者本人に問題があるので、また悪い評価が付くことになる。

悪い評価が付いても、救う神もある

とうとう悪い評価が付いてしまいった。
しかし、商品に問題あったわけではなく、出品ミスが原因で欠品で注文をキャンセルすることになったからだ。
もっといえば、その場合の対応の仕方になにか問題があったかもしれない。
つまり言葉の問題だが、真摯に受け止めないといけない。
これまでなんとか悪い評価が付かないように続けてきたが、ついてしまった以上は
仕方がない。これはリカバリーできそうにない。
しかし、良い評価はもう十分貯まっているので、%としてはそれほど気にするレベルではない。
また、注文も今のところ極端に減る気配はない。
一番のポイントは、悪い評価にたいして、どういう反応をするかということだろう。
他のユーザは、悪い評価に対しての反応を見て、それが本当に悪い評価なのか、
出品者や商品に問題が無かったを見定めようとする。
だから、回答に仕方によっては、逆効果にもなるし、逆に好意的な受け止め方を
してくれるだろう。
無視するのは一番わるいパターンだろう。
真摯に受け止め、改善をすることを表明するのがよし。
変な言い訳は、反って逆効果だろう。
実際に悪い評価の後に、他のユーザがかなり好意的な評価を追加してくれた。
これは、感謝すべきことだ。好意を持ってくれたユーザが、悪い評価に対して、
拒否反応を示してくれたと受け取るべきだ。
また、悪い評価に反対して横柄な回答してもいけない。
やはり非を認めて、改善するよう心がけることと回答しないと、他のユーザにも
受けがわるい。
悪い評価をつけた人間には、二度と商品を売ることはないだろうが、他の
数多くの善良なユーザは、そういった悪いユーザにどのように対応できたかを
観察しているし、場合によっては助け舟をだそうともしてくれるのだから。
圧倒的多数のユーザは、本来敵ではなく、味方であるということを意識して、
対応しないと結局また悪い評価が増えてしまう結果になりかねない。

ヤフオクの出品者には必ず電話番号を聞くべし

最近の出品者は、最初の連絡先に電話番号を明記しない。
これは、けしからんと思う。
小額でも金品をやり取りのするのに、最終的な責任をなんとか
逃れようとする態度が見えかくれする。
隠そうとすればするほど、怪しいのでやはり電話番号ぐらいは教えて
しかるべきだ。
まして、悪い評価が一つでもあれば、信用できない。
悪い評価が一つでもあれば、その10倍は何かしらのトラブルがあったとみて良い。
そもそも殆どケースでは、悪い評価が付きようにないからだ。
トラブルをうまく処理できないケースが、結果として表れているのだろう。
そういった個人情報が漏れるのが厭なら最初から、オークションなどに
出さねば良い話だ。
メールや掲示板では、最終的に商品に問題があったりしても、
なんともしようがないではないか。
だが、ほとんどの出品者は問い合わせれば電話番号を教えてくれる。
スマートではないが、安全策を取る以上、ぜひともやるしかない。

コンビニ決済のユーザ

コンビニ決済を有効にすると、注文が確かに何割が増えるが、
その何割かは最終的に決済されずに注文が流れてしまう。
これは、同業者の嫌がらせか単なる悪戯か、場合によっては、
故意に相場を操作するためのテクニックか。
決済して注文が確定するまでの間は、在庫が確保されてしまうので、
その間その商品は品薄状態になる。
もし、故意にこのような行為を行えば、ある程度相場を押し上げるテクニックにはなる。
逆に買う立場となれば、まず欲しい商品を確保して、その間に、もっと良い条件の
出品がでるかもしれないからそれを待つことができる。
最終的に、良い方を選択して決済すればより条件よく購入できる。
どちらにしても、売る側には不利になるから、敢えてお行儀のわるい客を
引きこまなくて全く問題ない。
売れるものは、客を選ばず売れていくから、売れるまで待てばよいだけ。
このようにどうしても、お行儀の悪い客を誘引するので、基本的にはコンビニは無効するのが良い。
しかしながら、どうしてもコンビニ決済で売って欲しいという客が、
まれに現れるので、その場合には申し出のあった商品だけを有効にするのがベストだろう。

セコく、賢く、楽しく、節約したり、蓄財したり。リスクは苦し、フリーランチは美味し。