Category Archives: 代行業者

架空請求キター

今日の郵便は、何がが来たかなと思い、
開けてみれば、架空請求キター

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」
というタイトルで、何やら面倒くさいことが書かれている。
ちょっと調べたら、出るわ出るわ、同じタイトルで、
同じ内容の架空請求の記事が。
でも、文面が微妙に違ったりするのは、なにか意図があるのかね。
うかつに文面を公開すると、相手に余計なヒントを与えそうだ。
文面が突っ込み所が多くて、レベルの低さに笑ってしまうのだが、中学生くらいの学力で、テンプレートを見ながら書いたのかね。
「告知のお知らせ」って、「頭痛が痛い」と同じ言い回しだよ。
頭悪る。誰か校正してやれよ。
再生トナーを使っているのか、文字がカスレているし、
こんなものでも、ボケ老人とか、情弱な人とかなら、
引っかかるのだろうね。
はがき代だけでも、大量に出せば、経費が掛かるだろうに。
一応、はがきは本物のようだが、発送は豊島区になっている。
まず、住所が間違っているのだよ。
郵便物はそれでもなんとか届くのだが、
本物の法務省ならば、まさか住所は間違えないだろう。
だいたい、誰が誰を民事訴訟したと、一切書かれてないに。
字が読めないぞ、もっと良いトナーとプリンターを使いたまえ。
いいネタ提供してくれて、ありがとうございます。

ヤフオクの評価の偽装を見分ける

最近、よく入札してくる代行業者と思しき連中は、
明らかに評価が偽装されている。
評価が1000件くらいあるけど、悪い評価も10件以上あって、
その悪い評価をみると、やはり同じ業者だと推定できる内容だ。
連絡や決済が無いか、遅いか、で取り消しを喰らってる。

その評価の内容が、だいたい不自然なんだな。
ヤフオクというのは、主に出品する人と落札する人とで存在している。
だから、出品の評価が多い人と落札の評価が多い人がいる。
だいだいどちらかに偏っている。
出品と落札の評価が、ほぼ半々というのはほぼ無いね。
それで悪い評価は、落札に集中している。
中華系の転売業者だろう。
出品評価が異様に多い割に、出品している数が0だったりする。
出品メインの人は、ほぼ継続的に出品があるよ。

では、なぜ出品と落札の評価が半々なのかというと、
そうゆう評価の偽装を請け負う業者が存在する。
主に中国人向けにね。
アカウントを複数大量に使って、それぞれで出品と落札を相互に行って
評価を水増しする。
そうゆうアカウントを作って転売する。
だから評価もずらっと見れば、なんか不自然なのが分かるよ。
良い評価に、丁重な文面が一つもない。
定型文の最初のヤツが並んでいる。
本当の良い評価は、きちんと気持ちが現れていて1つや2つはあるものだ。
自分の場合は、取引がスムーズにできたら、評価の定型文は使わないな。
一言でもオリジナルな文面を入れますわ。

昔から、中華系の転売業者はいたけど、
最近、ちょっとずうずうしいのを見かけるから要注意だ。
しかも、BLに入れても、何度もアカウント作って入札してくる。

代行業者 伊達優

バイイーに次いで、よく落札される代行業者が、伊達優だ。
俳優みたいな名前だが、間違いなく本名ではなく代理名で、使うアカウントがコロコロ変わるので、
いざ取引してみないと、この業者かどうかわからない。
連絡も支払いもスムーズなので、特に悪い業者ではない。
ただし、バイイーだと複数落札されても、別々の梱包、発送を要求しているのに対して、
伊達優は、複数同梱を要求してくる。
バイイーは、梱包を一切解かずに、そのまま転送するのだろう。
同梱すると分別が面倒だと思うのだが、送る方としては梱包の手間が減るので都合がよい。

住所を調べると、日本ロジテム株式会社という物流業者の営業所内にあるらしい。
宛先の棟と部屋番号が、管理番号になっているらしくコロコロ変わる。
そんなにたくさんの棟が建っている場所とは思えない。
実態は、株式会社FROMJAPANという代行業者が、ここに商品センターを構えている。
ここでアルバイトを雇って、商品の受取りと分別、発送をしているようだ。
求人広告をよく出しているね。
海外から注文を受けるサイトは、こちらのようだ。
http://www.fromjapanlimited.com/

在日の代行業者か

代行業者の落札は、中華系が多いのだが、中には韓国系とおぼしきものが混じるね。
今回も、佐野とは名乗っているが、言葉使いがおかしい。
在日韓国人には、佐野という名前が多いのかね。
在日だと、日本人名を持っているし、そこそこ日本語を使いこなすけど、
どうしても言葉遣いに違和感がある。
バイイー以外の代行業者は、取引連絡や決済が遅くて、
なんとか引き延ばそうとするので迷惑なだけだ。
代行業者と判明した時点で、毎日、督促しないといつまでも終わらない。
なんとか締め出せないものだろうか。

イタズラ入札の正体は、代行業者か

これまで、イタズラ入札だと思っていた連中の多くは、
代行業者ではないかと思うようになった。
これまで中華とかアジア、アラブなど多岐に渡る代行業者と思しき連中から取引をしてきた。
中華でもバイイーとかは、金払いが良いので取引がスムーズだ。
他の中華代行業者は、はっきりいってイタズラ入札と区別がつかない。
アラブぽい人も、金払いが良く。
連絡先がわかると即取り消される可能性があるので、ぎりぎりまで連絡先を言わない。
決済も引き延ばそうとする。
IDは、連番とか年号とかランダムな数字だったりする。
住所も居留めとか会社宛てだったりするし、振り込み名と名前が全くことなる。
名前も本名かどうか疑わしい。
連絡や振り込みが遅い理由を聞くと、出張とか、自宅にいないとかいう。
その癖、入札だけは素早かったりする。
こちらが何度も督促して強く出ないと、連絡も振込みもないので、大変面倒くさい。
BLに入れても、複数のアカウントを使いまわすので、なんども入札してくる。
代行業者が、いちがいに悪ともいえないので、なんとか選別したいのだが。

日本郵便の代行業者?

銘東株式会社という聞きなれない代行業者。
なんと連絡先が、日本郵便大阪東郵便局内にある。
私書箱が設置されているだけではなく、従業員も82人いることになっている。
superxtxk****
代行業者としては、不慣れなのか、ヤフオクの評価で悪い評価がいっぱいついている。
中国企業との合弁なのだろうか、中国語のサイトもある。
連絡が遅くて、問い合わせたら回答にある住所が、大阪東郵便局だった。
またイタズラかと思ったよ。
郵便局内にある癖に、支払いは郵貯を選んでおいて未だに振り込みなしだ。
悪い評価がいっぱいつくだけの理由はわかるね。
連絡や振り込みが、スムーズなら良いのだけど、これは最低だね。
次はBLに入れよう。

株式会社ワールドブリッヂだったか

代行業者は、日本人を語っても、評価の数や、連絡先などで、だいたいそれとわかるね。
まず、評価の数が異常に多ければ、落札前でもそれとわかる。
これに落札されると、時に良い値段が付いたり、取引もスムーズだったりするので、あまり悪い印象はない。
だが、すべてがそう思い通りではなく、おやと思うような連中も混じってくる。
場合によっては、イタズラ入札ぎりぎりの対応を迫られることもある。
今回も、連絡先の住所を調べたら、株式会社ワールドブリッヂだった。
名前はハヤシと名乗っているが、偽名だろうな。
取引に支障さえなければ、別に何処の誰さんでも構わないのだが、今回はちょっと違和感を覚えた。
バイイーとかだと、だいたい落札の次の日には、確実に連絡と振り込みが行われる。
これは、組織的に、かつシステム的に処理と思われるので、こちらもそれに合わせるだけだ。
今回は、連絡先の回答がないので、問い合わせると、出張中で回答が遅れるという。
連絡先は、やはり返さない。
なるほど、出張中のビジネスマンを装っている。
代行業者は、たどたどしい日本語が多かったのだが、
なんか巧妙に嘘までほざくようになったとは。
本日ようやく連絡先が返るが、決済はまだだ。
住所を調べると、株式会社ワールドブリッヂと出た。
簡単決済を選んでいるくせに、決済は、まだしないつもりだ。
普通は、連絡先を回答できる余裕ができたら、その次いでに決済までするだろう。
明らかに時間稼ぎをしているね。
時間稼ぎをしてくる理由は、代行した落札の連絡確認とか決済が遅れているからだろう。
回収できる当てができて、はじめてこちらへの決済ができる。
こちらがイタズラ入札で悩まされるのと同じくらい、代行業者もイタズラに悩まされているはずだ。
その先の相手が、中国人か韓国人か、お行儀のよい人間ばかりとは限るまい。

また海外テンバイヤーか

自身がテンバイヤーなので、つべこべ言うつもりは無いけど、最近ヤフオクでテンバイヤーと思しき落札が多いな。
特に取引で問題が出ることはまず無いから、文句はないのだが。
気になるのは、ヤフオクで仕入れて、他に転売してどれほどの利益が出るのだろうかと。
以前に、海外にも販路を広げたことがあるが、思うほど儲かりはしなかった。
何がイケないかというと、リスクが大きいのだ。
転売とかでうまく行って少し気が大きくなると、すぐに海外仕入れだとか、海外転売だとかに釣られることが多い。
実際、そのような情報商材が多く出回っているし、甘言も多い。
脱サラしてすぐに、バイドゥ仕入れとかイーベイ転売とかで、ウハウハ儲かるなんてことはまずないわ。
不良在庫を抱えたり、不良品やクレームの嵐で鬱病になるのが関の山だ。
私の場合、1次転売は仕入れがほとんどタダ同然のものを、できるだけプレミアをつけて売るので、ボラは
仕入れの数倍からそれ以上だ。つまり売上のほとんどは粗利となる。大変効率が良い。
しかし、ヤフオクなどで仕入れてから転売する2次転売は、せいぜい売上の数割しか儲からないだろう。
しかも、海外のユーザはお行儀が悪くて、平気でキャンセルとか受け取り拒否とかするし、配達事情も非常に悪かったりする。
何度かクレームとか配送トラブルとかに、出会ったので、一度でもそうゆうのがあると、積み上げた利益がすべてパーになるのだ。
良い勉強にはなるが、まったくのボランティアとなる。
まあ、そうゆう彼らも、売れない在庫をなぜか漁って落札してくれるので、ありがたい存在ではある。
せいぜい頑張って海外転売してほしいものだ。

中華系のテンバイヤー

ヤフオクでもアマゾンでも、最近多いと感じるのは、中国系の転売屋だ。
以前は、あからさまにアカウントがBuyee***だったものが、普通のアカウントのように
化けるようになった。
取引してみて、ああBuyeeなのね とわかる。
以前は、あまり評判がよくなくて毛嫌いしていたものだが、最近は、連絡、振り込みも
たいへんスムーズに進むので、むしろ好感を持っている。
Buyee以外にも、海外転売をしているらしいアカウントを見かける。
共通するのは、爆買というか、評価数が直近1週間で1000近かったりするのだ。
オークションは週末に落札が集中するから、通常の取引でこれは異常な数値だ。
組織的、システム的に落札を管理してないとできない数値だ。
実際には、アカウントは、当然複数を掛け持ちして管理しているだろうから、この10倍は
トラヒックがあるに違いない。
以前から中国系の転売屋はいたがここまで爆買してなかったと思う。
爆買してくれるので、いざ、彼らどうしが競り出すと、思いもしない値段になる。
中国で人気のあるアニメやマンガのグッズだと、国内ユーザではすでに人気が廃れても、
売れることがある。
敢えて中華系を狙うというのも、あると思います。

ヤフオクで海外転売する奴

最近、ヤフオクでちょくちょくあたるのが、入金が妙に遅い奴だ。
小額でなんということもない取引なのに、入金に何日もかかる。
想像だが、こいつらは、ヤフオクで仕入れてイーベイなどで転売しているのだろう。
しかもあらかじめ仕入れてから売るのではなく、売ってから仕入れるから、
先に入金ができないのだろう。
これは、ヤフオクで禁じられている空売りだ。
だから、客がついてから仕入れているので、客が支払いを渋るとと
こちらの入金も遅れるのだ。
転売目的でも取引がスムーズにできるなら構わないが、
取引で待たされるとイライラして気分が悪い。
次からは、取引相手として認められないので、ブラックリスト行きだ。
取引相手はできるだけ選ぶに限る。