本日の適時開示(株主優待) /2件(2018/11/01)J-FCM(5758) 長府製(5946)

本日発表の適時開示情報(株主優待)は、2件です。
————————————————–
2018/11/01 15:00
J-FCM(5758)
2019年3月期配当予想の修正及び株主優待制度の廃止に関するお知らせ
この銘柄の過去の適時開示情報は、こちらから確認できます。
この銘柄の一般信用売り手数料は、こちらから確認できます。
この銘柄の一般信用売り在庫数は、こちらから確認できます。
————————————————–
2018/11/01 15:00
長府製(5946)
株主優待制度の変更に関するお知らせ
この銘柄の過去の適時開示情報は、こちらから確認できます。
この銘柄の一般信用売り手数料は、こちらから確認できます。
この銘柄の一般信用売り在庫数は、こちらから確認できます。
————————————————–
以上でございます。

その他、権付月毎の適時開示情報は、こちらから確認できます。
ありがとうございました。

吉日をカレンダーに。

最近、あまりに退屈でやること無いので、
以前から気にしていた、
システムの改善とか機能追加をやるよ。

本日は、一粒万倍日です。
投資には大変良い日とされています。

まず、吉日データを優待カレンダーに追加しました。
それぞれの吉日の意味は、他のサイトで学んでください。

いわゆる縁起の良い日とか金運が上がる日というヤツだ。
宝くじ売り場でのぼり旗を見たことであるでしょう。

もちろん、これに科学的根拠などは一切ないです。
しかし、行動心理学的には重要です。
実際に、冠婚葬祭では無視できない日取りだし、
土地の登記や車の納車など、
験を担いた経験があるでしょう。

企業活動としても新製品の発表や、
重要な決議を告示する場合は、
やはり吉日を選びます。
だから、あながち相場の世界に関係しなくもない。

実際、証券会社から送られてくるカレンダーには、
六曜はもちろん、天赦日や一粒万倍日などが
記されていることが多い。

逆に、凶日となる不成就日や仏滅は、
重要な事案については避けるでしょう。

科学的な根拠は無くても、
知らずとそれに影響を受けて行動してしまうのが、
人間活動であります。
信じる人が多ければ、
それだけ結果に偏りが出ます。

外国でも、六曜こそは使わないけど、
占星術や月の満ち欠けなどで、
日本人以上に気に掛けます。
新月は、良い日とされています。

さあ、
信じるも信じないも、
あなた次第。。。