これで、ナナコとお別れかな。

クレジットカードの電子マネーチャージの改悪がつづき、
もうナナコにチャージして、
公金を振り込みことにメリットが見いだせなくなった。
改悪前に、30マンほとチャージして蓄えておいたナナコで、
今月の家賃、車の税金を支払ったことで、
ほぼナナコは使いきった。
残りはわずか数千円だが、セブンイレブンで自然と消費できるだろう。
これを最後まで使い切ったら、もう二度とチャージすることはない。
ぶっちゃけ、ナナコをチャージするメリットは、
料金収納以外にはない。
だって、実質セブンイレブンしか使えない電子マネーを
わざわざチャージしますか。
セブンイレブンが他のコンビニと大きく売り上げが違うのは、
このナナコによる料金収納があるから。
これがなければ、他のコンビニと大して差別化されないだろう。
今回のクレカの改悪により、セブンの売り上げは、
大きく下がるだろうね。
料金収納って、最低でも数万円とか払うじゃない。
お弁当だと買っても、千円もいかないから。
料金収納の売り上げ額は、セブンの大半を占めるのじゃないかな。今後は、それが無くなることを意味する。

これまで、永きにわたりナナコチャージ経由で、
いろんな料金を払ってきた。
特に、我が家では、管理会社にお願いして、
毎月家賃を料金収納票で取り寄せてきた。
家賃だから、月の固定費では一番大きくて、
9マン近いのだが、その1%がポイントで買ってくるだけでも、
年間通すと結構な金額に相当する。
他にも、車の税金や保険、料金収納に対応したものは
ほとんどナナコで支払ってきた。
おそらく固定費のすべてに近いものが、料金収納に対応していたので、年間通すと100マン以上の料金がナナコで支払えた。
ここ最近では、1%しか還元されなかったけど、
以前は、3%近く還元を受けることができたので、
かなりポイントを稼がせてもらったわけだ。
料金収納できなくても、ナナコでクオカードを買ったり、
法人向けの福利厚生会員サービスでは、
図書カードやグルメカードなどの各種金券が、
コンビニ収納に対応していたので、
これらを使って、生活費の一部をナナコで払えたのである。

ナナコは、お存じのように前払いだ。
前払いということは、その分、セブンホールディングスは、
その資金を運用できたことになる。
おそらく、私のように何十万とチャージしていた人も多いわけで、それが一切なくなれば、セブンホールディングスの資金繰りを多少は圧迫するだろう。
これまで、ただで資金調達できた分が無くなるのだから、
セブンホールディングスは、よく考えたほうが良いのでは
ないかな。