不良在庫の整理

これまでは、或る意味、無意味に在庫を増やし続けてきた。
しかし、ある段階から、在庫数が増えても売上はそれに比例して上がらないことに気が付いた。
つまり、不良在庫が無意味に増えていただけなのだ。
これはイケると思って仕入れたものが、結局は不良在庫となり貯まり続けてしまっていては、
やはりよろしくない。
いつかは売れるだろうと思って売れるのをまっていても、1年待って売れないものは、
何年たってもうれないだろう。
最低でも3カ月以内に何らかの反応がないものは、不良在庫になる可能性が高い。
だから、もう1年以上前の在庫は、値段を下げて売り払う「損切り」の気持ちが大切だ。
損を怖がって、不良在庫を増やせば、管理コストがかかるばかりで、悪影響が随所に出てくる。
というわけで、ここ数カ月は在庫数を減らす傾向にあるが、不思議と売上や純利益は落ちない。
在庫の補充ももちろん行っているが、無駄な在庫を増やさないように敷居を上げているので、
その効果もあるだろう。
目利きのスキルもきっと上がっているに違いない。
このままだと、在庫数を1000を切っても、今の売上はそれほど落ちないだろう。
もちろん良質な在庫であれば、数を問わず増やし続けて良いだろう。

nanacoを無料でゲット

イトーヨーカドーで8の付く日にnanacoカードを作ると、発行手数料無料で作ってくれる。
通常は300円かかる発行手数料がタダになる。
条件としては、初回入金1000円以上が必要なだけだが、
1000円くらいは、セブンイレブンですぐにでも使い切ってしまうだろう。
メール便の発送代金に使ってもよい。

この情報は、ちらしやホームページにも載っていないし、実際に店舗に入ってみないと
ほんとうにやってくれるのか分からない。
ダメもとで店舗に入ったら、普通に手数料無料でnanacoを作ってくれた。
特にキャンペーン期間というわけではないようだ。

楽天ポイントと資金移動

楽天銀行と証券会社の各口座間を資金移動すると、レベルとポイントが1ポイントづつ頂ける。
どうやらこれは、1日1回分だけが対象となるが、各口座ごとに別々に頂ける。
だから、証券会社の口座をたくさん開いている人は、その数分だけレベルやポイントを毎日得ることができる。
これは、システムが対応していれば、土日祝日でも得ることができる。
しかし、同じ証券会社でもFX専業のところは、このポイントが頂けないようだ。
どうやら、証券会社によっては楽天との資金移動の仕組みが異なるようだ。
こればかりは、いろいろ試してみるしかなさそうだ。

証券会社以外にも、JRAの即Patなどの口座でも似たようなことができる。
JRAに即Patの口座を開いて、楽天から振込すると、レベルで3、ポイントで1を得る。
ポイントは、レベルに応じて最大3倍になるので、つまり3ポイントになる。
JRA以外の公営ギャンブルでも同じことができると思われる。
ただし、これらの資金移動は、競技が開催される日しか行うことができない。
基本的に、土日祝日だけだ。

背取りと経費削減

背取りを初めた頃は、注文もまだ少なく、コストカットの意識が薄かった。
発送や梱包も趣味の延長のところがあったのだ。
安っぽい梱包だと、クレームが付き安いとも思った。
注文が多くなり数をさばくようになると、一つ一つの経費が気になってくる。
特に、封筒はものにより値段の差がある。
厚紙封筒を以前は湯水のように使っていたが、コストがかかるので特別な注文とかにしか使わない。
最近はホームセンターなどで、最低でも100枚入りのクラフト封筒パックを購入している。
ノリなども、以前はテープのりを愛用していたが、これはアッというまに使い切ってしまうので、
いまでは、アラビアのりの徳用サイズを愛用している。
これだと、使い切るまでにたっぷり時間がかかる。乾くのにも時間がかかるが。
セロテープも以前は、3Mの透明テープを使っていたが、最近は、5本セットの徳用パックを
ホームセンターで調達している。
梱包もプチプチを以前はよく使っていたが、いまでは近所でいただけるミラマットを再利用している。
プチプチだとどうしてもかさばるのでメール便で送れないものが出てくるが、
ミラマットならそれほど嵩張らない上に、見た目もそれほど悪くない。
こういった努力のせいか、利益を上げやすい形態になってきたと思う。

ヤフオクで入札取り消しに合った件

終了時間ぎりぎりで入札取り消しされた。
特にこちらの落ち度も悪い評価もない。
入札取消にされる覚えもない。
他に入札が無かったので、値段が安かったのが気に食わなかったのか。
それでもこうゆう入札取消はちょっと腹がたつ。
こうゆうことがあると、適切なせりにならないではないだろうか。
先日の釣り上げといい、ヤフオクはこんなのでシステムが成り立つのだろう。
つまり、入札者が少ない場合、オークション取消をすると取消料を取られるから、
落札者を強制取消にしてから、オークションを早期終了するという手口だ。
出品のタイミングが悪くて、思ったように落札価格が上がらなければ、
これをやって、またタイミングを見計らってから出品し直すことを繰り返すのだろう。
また、いくらくらいなら売れそうか相場をあらかじめ計るのも使えそうな手口だ。
こうゆう出品者が、うようよいるとすると、ヤフオク離れはしかたあるまい。
もちろんこの出品者には今後二度と入札することはあるまい。
評価を見ると確かに悪い評価が7つほど付いている。
おそらく、この10倍は取引になんからの問題があったことだろう。
一応この出品者を控えておこう。koikoi****

楽天銀行のハッピーレベル獲得

楽天銀行と他の証券口座との間で即時入金を行うと、ハッピープログラムの1レベルが増える。
即時入金の口座は、楽天内に個別に存在するので、証券会社毎に即時入金しないと
別勘定にならない。
同じ証券会社でなんども即時入金してもレベルがその分増えることはない。
できるだけ多くの証券会社の口座を開いて、毎日それぞれの口座に振込めば、それぞれで
1レベルが口座分増える。
たとえば、10口座を開き、毎日10口座に即時入金すれば、10レベル/日なので、
1月で300レベル貯まる勘定になる。
毎日の日課にしてしまえば、これは全く大した手間ではない。
即時入金は、24時間OKだし、手が空いた時間にちょっと資金移動するだけだ。
普段から株やFXを行っている人なら、おそらく証券会社の口座を10や20は開いているだろうし、
移動資金も足りているだろう。
これ自体は、ハッピーステージをあげるのに貢献するだけで、金銭的な価値はない。
しかし、ステージがVIPにまであがると、楽天ポイントの取得が3倍になったり、楽天口座間の取引の無料回数が増えたりする。
日ごろからオークションや楽天市場を使っている人は、恩恵が多分に受けられる。
他の取引を行う上で有利に働くので間接的な金銭的価値に結びついていく。

楽天口座間の取引は、オークションなどの決済に使えば、振込手数料がかからないし、もし無料回数を使いそびれても、家族間で振込を行えば、レベルに変換できる。
最高で10回は楽天間の移動が無料だから、その方法で使い切るとすると、相互の口座でレベルが頂けて二度おいしい。

楽天銀行への振込方法

楽天銀行への他行からの振込は、GRの件があるので、無料振込回数が制限
されたり、例外的に無料にならないことが多い。
しかし、資金移動の都合でどうしても楽天銀行に振込みたい場合がある。
わざわざコンビニATMに入って、お金を降ろして振込み直すのも面倒なので、
ここは、楽天証券の即時入金サービスを使う。
すべて、PC上の操作で完結する。

楽天証券と楽天銀行の口座が開設されていれば、マネーブリッジを申しこめば、
この口座間が無料で出し入れできる。
かつ、楽天証券は即時入金の機能で、メガバンクやネット銀行からの
入金が無料で即時反映される。
他行口座=>楽天証券=>楽天銀行
という流れだ。

つまり、楽天証券を経由することで、実質振込手数料が無料で即時に行える。
ただし、この方法はGRは付かない。
これで貴重な振込無料回数を減らすことなく資金移動ができる。

逆に楽天銀行からの出金も、楽天銀行から直接振込を行うのではなく、
他の証券会社から即時入金という方法をとれば、無料でリアルタイムに行える。
振込手数料は、その証券会社が負担するから資金が減らない上にポイントまでもらえる。
たとえば、SBI証券から即時入金という方法を取れば、
楽天銀行=>SBI証券=>SBI銀行
という 流れだ。
SBIからは、月3回まで他行振込無料(楽天のぞく)が使えるので、さらに別の
口座に移動することができる。
自分の他口座に、移動したければ、大和ネクストなら自分名義の口座への
移動がさらに自由自在になる。

これは、即時入金を使った方法だが、逆に証券会社からの出金する方法もある。
証券会社では出金が即時ではないものの出金口座が自由に替えられる。
だから、証券会社に即時入金で資金を移動したら、 他の銀行口座へ
出金すればこれも無料で資金移動できる。

株は負け続き

どうも最近の相場が読めない。
うっかり買ってしまい、値ががくんと下がって損切りするパターンが続いている。
底値が見えてこない内は、ちょっと株を買うのは控えた方がが良さそう。

無料振込回数をナナコポイントに交換する

セブン銀行の口座を開いて、他行からの振込があると、ナナコのポイントが10ポイント頂ける。
楽天GRに似たサービスだが、現金ではなくナナコポイントにしかならなし、かつ、月5回の上限がある。
つまり、どう頑張っても50ポイント=50円しか頂けない。
しかし、ネット銀行には、自分名義の他行振込が無料の所があるし、楽天銀行宛て以外なら無料振込がOKのところもある。
楽天銀行で給与振込受取りするともらえる振込無料特典も、使い道に困るのでナナコに変換すれば本望だろう。
もし、楽天GRで使えない無料振込回数が残っていれば、そのまま無駄にするよりは、
ナナコのポイントに交換すれば50円分になる。
これでも年間通せば、600円にはなるので、お弁当代くらいにはなる。

楽天からの資金移動は、1000円ずつ行う件

背取りなどで儲かったお金を楽天銀行に預けたままでは、流動性がなくて大変勿体ない。
だから、基本的に売り上げ金は、楽天経由で入金し(GR)、貯まったらすぐに証券会社へ移動する。
即時入金を使えば、手数料なしで資金移動ができる。
ただし、即時入金は1000円以上でないと受け付けてくれないので、
1000円貯まるごとに移動することになる。
できれば1000円単位でマメに移動すると良い。
即時決済を行う度に、ハッピープログラムのレベルが1レベル上がるし、
楽天ポイントが1ポイント頂ける。
このポイントは、レベルがVIP以上なら 3倍になるので、つまり3ポイント頂ける。
たとえば、毎月10万をコマメに資金移動するとして、100回分すなわち、
300ポイントがノーリスクで稼げることになる。
移動した10万は、再度楽天に振込直せば口座間をぐるぐる回るだけで資金が減ることはない。
これを年間にしたら、3600ポイントにもなる。
つまりたった10万円の資金移動だけで3600円の利息が得られるので、これは年利3.6%の高利回りである。
もちろん、資金移動の回数を倍にすれば、手間がかかるが年利も倍になる。
集めたポイントは、楽天オークションでの仕入に使えるし、楽天市場で使えば、
ポイントしては楽しめる使い道がいくらでもある。
これを繰り返すことで、ハッピープログラムのレベルも自然とあがるのでVIP以上を常に維持できる。

セコく、賢く、楽しく、節約したり、蓄財したり。リスクは苦し、フリーランチは美味し。