Category Archives: ライフハッキング

来年のカレンダーが確定

自宅の回線をケーブルTVに切り替えたので、
元のNTTの回線は解約となった。
NTTの通話料には、
使わなくなったテレカを送りつけて、
その残高から引き落とすようにしていた。

今回、回線が解約になったので、
今度は通話料の引き当てに使っていたテレカの残高を、
そのままテレカとして送り返すそうだ。
そんなの要らねえ。
送ったテレカも、プレミア付きそうなものは売り、
金券屋でも買い取り拒否された傷ものだけを送ったのだ。

今時、テレカなんぞ使い道がないから、
せめて通話料に引き当てていたのだが、
ここ最近では、固定回線で電話をかけることは、ほぼほぼ無い。
だから、その通話料ですら引き落とされることはない。
テレカの残高が引き当てられるのは、
あくまで通話料だけで、
固定費の基本料金などには使われない。
だから、ほぼ永久的にテレカの残高が残っていた。
今時、また使えないテレカを貰ってもね。
売っても値が付かないし、使い道もないんじゃ。
このまま死蔵させると、NTTのぼろ儲けになるから、
どこかのNPOにでも寄付しようかな。

ソフバンの上場って、すっかり話題にも上らないね。
話題にしているのは、アフィカスぐらいだ。
押し売り圧力は、相変わらず感じるけど。
代わりに、先日の通信エラーとかファーウェイとかの
悪材料が悪目立ちしてしまった。
しかも、場が悪いときたもんだ。
○○ショックというのが襲ってきそうな予感。
もともと、全員プレゼントとか、
割れるとか言われてたので、
さらに追い打ちされた感じ。

年末、ぎりぎりという時期に、
ようやく来年のカレンダーが確定した。
印刷物のカレンダーや手帳などは、結局間に合わなかったね。
これで、正式に祝日が確定したので、
一般売りカレンダーも確定したも同然だ。
後は、これを受けて、証券業界がどうゆう対応をするかだ。
さすがに10連休は、市場としてまずかろうとなれば、
カレンダー通りでなくなるが。

MUJIパスポートケース改造 其の2

今でも、ちょくちょくアクセスがあるようなので、
ここでお披露目を。
私の愛用しているMUJIパスポートケースです。
優待券や金券を入れて持ち歩くのに大変重宝しております。

購入してそのままの状態で使っている人も多いと思うのですが、
ポリエステルのあまりの素っ気なさに、
ちょっとだけ改良を加えて、
合皮を張り付けであります。
なんかビジネスバッグのような風合いですが、
中身は、MUJIパスポートケースです。
優待組は、これを持っている場合が多いので、
同じものを持っていると仲間意識も沸くのでしょうが、
全く同じでは面白くはないでしょう。

改造といっても、100均で購入した合皮シートに、
布用両面テープで全面に張り付けているだけの、
なんちゃって皮工芸です。
諸経費は数百円、所要時間は30分くらいです。
これだけで、実用性は十分なくらい張り付けいてくれます。
結構見栄えがかなり良くなりました。
まだ改造途中でして、箔押しでもして、
魔導書風に仕上げたいと思います。
中には、飲食できる魔法のおふだがいっぱい入っていますし。

これだけでも、十分満足しているのですが、
今度同じことやる場合には、
本革を使い、さらにグレードアップしたいと思います。
お好みによっては、和柄やカーボン調などもありかと。

架空請求キター

今日の郵便は、何がが来たかなと思い、
開けてみれば、架空請求キター

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」
というタイトルで、何やら面倒くさいことが書かれている。
ちょっと調べたら、出るわ出るわ、同じタイトルで、
同じ内容の架空請求の記事が。
でも、文面が微妙に違ったりするのは、なにか意図があるのかね。
うかつに文面を公開すると、相手に余計なヒントを与えそうだ。
文面が突っ込み所が多くて、レベルの低さに笑ってしまうのだが、中学生くらいの学力で、テンプレートを見ながら書いたのかね。
「告知のお知らせ」って、「頭痛が痛い」と同じ言い回しだよ。
頭悪る。誰か校正してやれよ。
再生トナーを使っているのか、文字がカスレているし、
こんなものでも、ボケ老人とか、情弱な人とかなら、
引っかかるのだろうね。
はがき代だけでも、大量に出せば、経費が掛かるだろうに。
一応、はがきは本物のようだが、発送は豊島区になっている。
まず、住所が間違っているのだよ。
郵便物はそれでもなんとか届くのだが、
本物の法務省ならば、まさか住所は間違えないだろう。
だいたい、誰が誰を民事訴訟したと、一切書かれてないに。
字が読めないぞ、もっと良いトナーとプリンターを使いたまえ。
いいネタ提供してくれて、ありがとうございます。

イオン銀行ポイントリニューアルだが、

イオン銀行がポイントをリニューアルするのだが、
WAONチャージの還元率アップグレードが全く記載されていない。
レベル判定が毎月になって、いろいろなステージ条件を選べるのは良い。

だがワオンは、ナナコと同じ料金収納で使える電子マネーなのだが、
それが唯一クレジットカードチャージできるのがイオンカードで、
レベルが上がるとチャージ還元率も1.5%まであがるのが
イオンカードを使うメリットであった。
その特典が全く無くなっている。

はっきりいって、他行振り込み無料回数とかはどうでもよい。
だって、証券会社経由でしか入出金しないから。
得に、カブコムから出金では、手数料がかからないので、
出すのはイオン銀行経由だ。
入金は、楽天でもVIP無料回数があって使い切れない。
SBI銀行もランク3で無料回数が月7回もあって、もうこれ以上は必要ないのだ。
イオン銀行で同様の特典があっても、無駄にしかならない。
ちなみに、SBI銀行では、外貨と金を1000円だけ購入して放置するだけで、
ランク3を永久維持できる。
みずほ銀行も口座を持っているが、みずほマイレージで常に無料回数が月4回だ。
これも、外貨を少額預けて放置するだけだ。

現在、イオンカードはゴールドなので、シルバーステージは無条件にクリアだ。
だからゴールドステージも、調整すればクリアだろう。
でも、振り込み無料回数はもう要らないから、他の特典をくれ。
なぜ、ワオンチャージの還元率の特典をなくしたのだ。
まあ、ゴールドカードといっても、ほとんどタダのワオンカードとして
か使っていけどね。

格安SIMは、小は大を兼ねる

奥さんのスマホを楽天モバイルの格安SIMに切り替えた際に、
使っていたスマホに合わせて、マイクロSIMを購入した。
今回、そのスマホが時代に合わなくなってきて、買い替えることになったのだが、最近のスマホはnanoSIMが主流で、マイクロSIMだとサイズが合わない。
結局、サイズ変更で3000円の余計な出費をしてしまった。
今更ながら、最初にSIMを購入する時点で、nanoSIMにしておけばよかったと後悔した。
小さいSIMは、アダプターをかぶせれば、大きくなるけど、大きなSIMは、カッターで切り取らないと小さくできない。
SIMを故意に傷つけると、将来的に返還の義務が生じたときに、存在賠償を支払う旨のことが契約に掛かれている。
実際、今回サイズ変更したSIMは、郵送で送り返さないといけないらしい。キャリアだと、SIM解約時にその場でパキっとおられて返却は完了するのだが、格安SIMの場合はそうではないらしい。
結論、持っているスマホがマイクロSIMでも、nanoSIMを購入することをお勧めする。

お米券を拒否られる件

近所のドラッグストアで、普通に買い物に利用できていたお米券だが、なぜだろうか、急に使えないと拒否られた。
お米を買わない場合には使えないという。
以前は、おにぎりとかを買えば、そんな固いことは言わなかったのにだ。適当な理由をつけて、受け取りを断ろうとしているように思える。
お米券業界で何かが起きているのか、起きていないのか。
普通に買い物に使えないとしてら、こんな不便な金券はない。
だって、お米そのものって、そんなに買わなくない?
こうなると、お米券の価値も棄損するし、このドラッグストアも利用する機会は減りますな。
今後は、お米券の優待を狙うのも辞めた方が無難かもな。
持っているお米券も、できるだけ早く消費しないと。

楽天ペイを使ってみた件

先日、貯めていたRポイントを楽天トラベルで一括消費した。
Rポイントが空になったので、補充しないと。
そこで今回は、楽天バリアブルのキャンペーンを使って補充する。

ちょうど現在進行形でローソンでキャンペーンをやっている。
10001円のポイントを買うと、700ポイントがおまけで還元されるというアレだ。
還元率7%だ。昼飯代くらいにはなる。
この類のキャンペーンは、持ち回りでどこかのコンビニでやっていて、今月はローソンだ。
チャージしたRポイントは、くら寿司やマックでも使えるけど、
コンビニだとサークルKで使えなくなった代わりに、最近、ローソンでも使えるようになった。
ローソンだと、楽天ペイで支払うことができ、Rポイントでの引き落としだ。
そこで、早速チャージしたRポイントで支払いをすべく、楽天ペイでお昼を調達してきた。
スムーズに決済できました。
これはクオカードより便利だね。

最近、楽天ペイに対応した店が、じわじわっと増えてる。
特にローカルな店で。
まずは、ローソンで使えると。
そして、RポイントとPontaのポイント多重とりができると。

でも、やっぱりローソンは、おしぼりを付けてくれない件。

住信SBIネット銀行でランク3を維持

住信SBIネット銀行で、ランク3を維持中だ。
私は、ハイブリッド口座と外貨預金と純金積立で条件をクリアしている。
ハイブリッド預金は、SBI証券と連動すれば済むだけなので、
優待クロスの次いでに資金を置いてけば問題ない。
外貨は、ランドを1通貨だけ購入してあるだけだから、その価値10円もない。
もし、南アフリカになにか政変がおきても、これなら諦めがつく。
金の積み立ては初月だけ1000円分を積み立てて現在停止中で放置プレイだ。
だから0.2gほどを保有しているが、それ以上に増えることはない。
腐っても金なので、大きく損することはなかろう。
仕組預金や無意味なカードローンを作るのよりは、ずっとマシな作戦だと思う。
まったく放置プレイで3条件がそろって、ランク3を維持している。
この上のランクを目指すと、スターフライヤーのクレカを作る羽目になりそうなので
これ以上は目指さない。
振込み回数も7回あれば必要十分である。

イオンのゴールドカードが届いた件

先日イオンカードのゴールドが有効になったということで、
早速申し込み、本日無事にカードが届いた。
ゴールドの獲得目標にイオンカードを使い出して、
実質3か月弱で入手することができた。
一旦ゴールドになれば、永久的に特典が使えるわけで、
もうイオンカードを積極的に使うことは少なくなると思われる。
ゴールドになったもののステージは低いままで、還元率という面では不満が残る。

もう一度、なぜゴールドに昇格できたか検討すると、
10日時点で500マン以上の貯金と月100回以上の利用があったからだろう。
定期預金500マン説は、普通預金500マンでも利いたようだ。
もしくは、毎月10日前後に判定が行われるということだから、
その前後だけ定期預金500マンを維持して、すぐに解約しても問題はなかろう。
この条件を通して翌月の10日ごろに判定が下りるというくだりだろうか。
私の場合は、利用回数は多いものの、利用金額は10マンにも満たないないのだ、
これでなぜゴールドに昇格したのか不思議なくらいだ。
大したメリットはないのだが、ちょっとは楽しめたね。

イオンゴールドカードがご案内

この数け月ほどで、イオンカードおよびワオンを集中的に使うようにしたら、
ゴールドカードの案内が来た。
意外と早く判定が来たのでびっくりしている。
といっても、ゴールドになっても還元率とは変わらないし、
せいぜいイオンラウンジで茶が飲めるくらいのメリットしかない。
他にもメリットはあるけど、実用できそうなのはそれくらいなのだが、
イオンラウンジは、他に株主優待でも入れるし、ゴールドカードは既に奥方が
持っているので、我が家ではゴールドの2枚持ちになり、サービスとしては
重複してしまっている。
このゴールドカードを入手するための条件としては、いくつかあるのだが、
どれが有効だったのだろうか。
まず、定期預金を500マンほど積み立ててみた。
しかし、定期預金にしてはあまりに利回りが悪いので、すぐに解約してしまった。
だって、普通預金の方が利回り良いのだ。バカバカしくなってしまった。
だから、これは効いていないだろう。
しかし、残高が一度でも500マン以上にするのは必要かもしれない。
あと、利用回数は、普段使いはもちろん、
セドリの仕入れやクリックポストの支払いにも使っているので、異様に多い。
クリックポストの支払いは、発送一通ごとに明細が上がるのでこれだけで月100件はある。
しかもその代金は、客が払ってくれているので懐を一切傷めない。
この数か月の明細だけで数百件はあるので、たぶんこれが有効になった一番の理由だろう。
でも、ここまでしても色が金色になるだけでメリットが見いだせないのだが、
そのうち良いことあるのを願おう。