Category Archives: せどり

今年の総括するね。

気分転換にサイトデザインを、
少しリニューアルしました。

今年の取引も終わり、
還付金が返ってくるね。
合計すると20マン近く戻ってきます。
それだけ、源泉徴収で払いすぎてたということ。
でも、臨時収入みたいでうれしい。

雪降って、やることないから、
今年の総括、来年の抱負をしたいと思います。

昨年末から始めた仮想通貨ETHの採掘だが、
コインチェックの流出事件以降、
採算が全く合わない状態が続き、
採掘そのものを停止。
完全に撤退した。
開始から撤退まで約半年で、短い一生だった。
今後も、仮想通貨は復活はしないだろう。
まあ、いろいろと勉強にはなった。
グラボも、最近のものにできたし。

Amazonから完全に撤退。
細々と在庫を残してはいたが、
開店休業状態で、売れる気がしないので、
在庫を引き上げ、完全に閉店した。
胡散臭い海外勢の出店が増えたし、
クレーマーに当たる確率も高い。
そろそろ潮時だろう。

これも、断捨離の一つだ。
無駄に副業や収入源を増やせばよいというものではない。
採算が見合わないものや、
手間が無駄にかかるものは、
削っていくべきだ。
ただ、ノウハウだけは、今後も役に立つかもしれないので、
貯めて残しておく。

優待ツールを含むサイトアクセス数は順調に増えつつある。
もともと自分で使うために作り始めた優待ツールであるが、
一般向けに提供して2年ほどが経過した。
気の向くままに拡張し続けた結果、
他にはない便利なものに進化した。
自分自身、もはや、このツール無しでは、
毎回の優待クロスをこなすことはできない。
機能追加のアイディアをまとめておくと。

(1)情報拡充
現在は一部だけ表示している取引制限、注意喚起、規制などの情報をもっと強化する。
当たらないけど逆日歩予想なども。

(2)サーバーを強化
現在のサーバーは、
不要PCを再利用した一時的なものなので、
スペック的には時代遅れのものになっている。
権利が多い月では、やや重たくイライラする。
なんとか騙し騙し使っているものの、
アクセス数やデータ量の増加に伴い、
チューニングをするにも限界が見えてきた。
レスポンスが1秒速くなると、
アクセス数は10倍に増えるという統計もある。
なんとか、今様のPCサーバーにアップグレードしたい。
時期的には、権利取りが落ち着く4月ころが目標。
また、やや安定性に欠ける部分があるので、
それも追々強化していきたい。

(3)物々交換機能
今は優待品などを処分するのに、ヤフオクやフリマアプリ、
金券屋などが一般的だ。
これらは、いったん現金化が必要なために、
いろいろな問題が発生する。
金銭を伴わない物々交換は、
ジモティなどで細々と行われているが、
それほど活発ではないようだ。
それに近いものを、より優待銘柄に関連する形で実現したい。

(4)ユーザサポート機能の追加
ユーザファースト、ユーザ目線の機能を追加する。
メール配信、ツイッター発信など。
在庫のメール配信機能は、既に実装してある。
これを、お気に入り銘柄に連動させるとか。
また、スクリプトの自動生成機能とか。
ブログパーツやカレンダー、在庫のAPI提供とか。
いろんなユーザの要望を取り込んでいきたい。

(5)3本の矢
のんくら本は、私にとってバイブルになりつつある。
普段、人の書いた記事とか本を褒めないのだが、
これは、何度も読み込む価値がある。
技術的な内容より、サイト運営の心構えが良くわかる。

ブログ、ツール、コンテンツの3本の矢を、
連動させてより魅力のあるサイトにする。
今でも離脱率はそこそこ良い状態だが、
より離脱率の改善を目指す。
それだけアクセス数が増え、リピータも増えたからだ。
実際、解析すると検索ユーザより、
直リンクユーザが圧倒的に多くて、
固定ファンが増えたのだと実感できる。
今年の収益は、昨年の10倍になった。
来年は、さらに10倍になるように改善しよう。

優待ツールで、これ以上便利なものを作ってしまうと、
自分自身がクロスで苦労す?
るとか、しないとか考えてしまうのだが。
実際には、このような便利ツールにより、
クロス人口が増えると、
在庫の需要が増え、
証券会社も在庫を増やしたり、
手数料を改善するのにつながる。
と信じたい。
GMOが一般信用始めたしね。
在庫も全体では増えていると思うよ。
そういや、マネックスが一般やるという話はどうなったか?

優待クロスに関しては、自分なりにルーチン化して
さも極めた気になっている。
これをさらに極めて効率を上げ、
月間利回りで平均1%、年間で10%以上を目指す。
これは、ヘッジファンドでも簡単に出せない数字だ。
あくまで目標だけど。

また、優待以外の裁定取引を見つけていきたい。
しばらく手を出していなかったが、
為替金利が米ドルを中心に上がってきている。
以前にスワップ差取りやっていた時にくらべて、
差も取りやすい。
スワップツールのアクセス数も、戻りつつあるので、
こちらもリニューアルしたい。

では、良いお年を。

架空請求キター

今日の郵便は、何がが来たかなと思い、
開けてみれば、架空請求キター

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」
というタイトルで、何やら面倒くさいことが書かれている。
ちょっと調べたら、出るわ出るわ、同じタイトルで、
同じ内容の架空請求の記事が。
でも、文面が微妙に違ったりするのは、なにか意図があるのかね。
うかつに文面を公開すると、相手に余計なヒントを与えそうだ。
文面が突っ込み所が多くて、レベルの低さに笑ってしまうのだが、中学生くらいの学力で、テンプレートを見ながら書いたのかね。
「告知のお知らせ」って、「頭痛が痛い」と同じ言い回しだよ。
頭悪る。誰か校正してやれよ。
再生トナーを使っているのか、文字がカスレているし、
こんなものでも、ボケ老人とか、情弱な人とかなら、
引っかかるのだろうね。
はがき代だけでも、大量に出せば、経費が掛かるだろうに。
一応、はがきは本物のようだが、発送は豊島区になっている。
まず、住所が間違っているのだよ。
郵便物はそれでもなんとか届くのだが、
本物の法務省ならば、まさか住所は間違えないだろう。
だいたい、誰が誰を民事訴訟したと、一切書かれてないに。
字が読めないぞ、もっと良いトナーとプリンターを使いたまえ。
いいネタ提供してくれて、ありがとうございます。

マケプレプライムでクリックポストの利用停止

マケプレプライムとは、アマゾンの出品者が、
アマゾンプライムと同等のサービスを提供できる新しいサービス。
大口出品で、特定の条件を満たすと、マケプレプライムを
を利用できるということだが。
自分は、大口出品ですら、ずいぶん前に解約したので、
まったく関係ない。
それにしても、なぜ、クリックポストだけを利用停止にしたのだろうか。

クリックポストは、追跡番号がついて、安く書籍などを送ることができるので、ヤフオクやアマゾンでの発送に大変重宝している。
クリックポスト以外で、厚さ3cmまで対応して
164円で送れるサービスは他にない。
それを、わざわざ利用停止にし、かつ、違反した場合には
罰則としてアカウントを停止するという。
これは、どうゆうことだ。
クリックポストだけではない。
ゆうパケットや定形外も禁止されている。

出品者にわざわざ高い送料を払って、自腹を切れということか。
アマゾンのマケプレで出品するメリットも、
昨今はそれほどない。
結局、売れない在庫はほとんど処分した。
どうも出品者に対する締め付けが厳しくなりすぎている。
これで、出品者のアマゾン離れがますます進むだろう。

アマゾンの注文が、増えてる

ここ最近は、絶賛に下落傾向であったアマゾンでの注文が、
11月に入りなぜか増えてきている。
そんなに在庫は残していないはずだが、この数日は毎日のように注文が入る。
これも、日経平均が上がっているおかげなのか。
売れるうちに、残りの在庫も売り払ってしまいたい。

ディズニーせどりは、終わったのか

以前は、ディズニーせどりでちょくちょく儲けさせていただきました。
リサイクルショップとか中古屋とかで、ディズニーグッズはよく見かけるので、それをアマゾンで転売することができました。
ほぼ未使用状態で、まとめて袋詰めでタダ同然で売られていたりします。おそらくは、お土産とか貰いものとかで、不要になったものが流れたついた果てだと思うのです。
皆さんディズニーにいくと山ほどお土産を買って、配ったりしますけど、最終的には箪笥の肥やしか、リサイクルショップ行きです。
中には出所が胡散臭いものも多いのですが、ちゃんとJANコードがあって、ロゴも付いている正規品だったりします。
そんなディズニーグッズは、アマゾンでは鉄板で売れたりします。ぬいぐるみとかではなくて、事務用品などが食い付きが良いですね。発送も楽ですし。
でも、最近アマゾンでは、正規でディズニージャパンから仕入れたものでなければ、出品できなくなりました。
当然ディズニー・ジャパンからの締め付けでしょうかね。
変にリサイクルされてしまうと、儲かりませんから。
どんどん新しいお土産買ってもらわないと、お金が回りません。
今では、そのジャンルは競合相手が増えてあんまり儲からなくなりましたけど。

同じく、コロンビアミュージックも、出品許可が必要になりました。古いCDとかテープで結構ひっかかりますね。
演歌もののCDとかテープも鉄板商品だったりするのですが、
それも出品できなくなりました。
今後は、出品許可が必要なメーカがどんどん増えていくのでしょう。

佐川急便が配達されない件

先月、作ったクレカがまだ届いていない。
これはおかしいと思い、問い合わせると、佐川急便の本人限定で送ったとのこと。
しかし、そのような不在表も連絡も一切届いていない。
本人不在なら、せめて不在表の一つも入れて、本人からの連絡を待つのがセオリーだと思うが、それすらない。
聞くと、どうやら、送り先住所の宛先に問題があったようだ。
指定した住所には番地までしかなくて、建屋や部屋番の指定がない。これでも正式な住所で、宅急便とか郵便は問題なく届く。
で、佐川急便の配達員は、通常の宅配便ならこの住所で配達もするのだが、本人確認が必要だと、何の連絡もせずに持ち帰ってしまって、そのまま放置し、引き取り期間が来たら返送してしまう。
調べると、住民票とか運転免許には建屋や部屋番の指定がない人は、結構多いらしい。
同じような目にあった人がちらほら出てくる。
送り先住所としてはこれで問題もなく、配達もポストや表札などでも確認できるので、まったく滞りもなく届く。
にも拘わらず、佐川は、本人確認するためには、建屋や部屋番の指定がない時点で、配達を放棄してしまう。

そもそもレベルの低い佐川を使って、重要なものを配達しようとするクレジット会社にも問題がある。
自分も、背どりやオクなどで大量の物品を発送してきたが、佐川急便だけは信頼性が低いので使うことはなかった。
クレジット会社には、今後は佐川急便を使わないように釘を刺して、日本郵便の簡易書留で送ってもらうようにお願いした。

クロネコポイント、とうとう終了か

クロネコメンバーズに登録してあると、ヤマト運輸で送ったり受け取ったりすると、クロネコポイントというのが頂ける。
ポイント申請しなくても送り先の住所で照らして自動的にポイント加算してくれる。
優待品などの宅急便が届くときには、事前に届く日程が解るので、荷物を集配センター留めにできたりする。
貯まったポイントは、もっぱらミニカーに交換してもらい、
それをヤフオクで売ると、ちょっとした小遣いになるので、
重宝したものだ。
背どりの全盛期には、毎日大量のメール便を送っていたので、1通あたり5ポイントで、クロネコカードを複数枚使い分けることでかなりのポイントを稼げた。
おかげで、売ったミニカーも数えきれない。
送料は、購入者や落札者が負担するのでポイントタダ取りのようなものだ。
確か、一昨年くらいにも、このポイント制度を終了するという噂が流れた。それでも継続してきたけど、今回は本当に終わるようだ。
最近は、メール便も値上げして使い辛くなり、かつ、交換ポイントも値上げして、以前のようにミニカーを手に入れることはほとんどない。
今、手元には、この記念に残してある3種類のトラックがある。
これも、そのうち手に入れにくくなるなら、永久保存しておこうかな。

アマゾンのレベル低下が激しすぎる件

最近のセラーフォーラムを見ていると、つくづく撤収してよかったと思う。
まず、商品の万引き、搾取を目的とした購入者が増えていること。以前から、故意にクレームを付けたり返品したりして、事実上の万引きを繰り返す輩はいた。
私も、2,3回経験があるよ。
それをSNSで自慢したりするバカがいるらしい。
まあ個人の場合には、住所も名前も特定できるので、訴えたり立件することもできる。
でももう高額な商品の出品は、アマゾンでは難しいね。
善意での商いが成り立たない。
また、
セラーの評価の偽装が甚だしい。
中華系と思しき連中が、評価の偽装を安価に請け負ってくれるそうだ。同じ中華系が日本のアマゾンに出店するからだろうが、日本人のセラーまでそんな評価の偽装に手を付けている。
以前なら、クラウドワークスとかステマ評価を請け負っていた分野だ。
売る方も売る方なら、買う方も買う方になりつつある。
最近流行りのメルカリもかなり泥臭いと聞くし、ヤフオクがかなりマシに思えてきたね。

Tポイントで仕入れる

近所のリサイクルショップでは、Tポイントが貯まるし、使える。
せっかく優待で獲得したTポイントがいっぱいあるので、
せどりでTポイントを使ってみた。
Tポイントは、ファミマや蔦屋などのチェーン店だけでなく、意外とローカルなお店でも使えることがある。
リサイクルとかホビー、本屋などで使えたりする。
ファミマでは主にクオカードの消費を行うようにしているので、Tポイントは貯めるけど使わない。
背どりに使えば、Tポイントの価値はその何倍にも膨らむ。
同じポイントを消費するにしても、無駄に消費するか、倍増を狙うかで大きく違う。
現金を全く使わずに仕入れて転売できれば、ボラティリティは無限大だ。

アマゾン病か

最近では、アマゾンでの売り上げがほとんど0に近くなったので、仕入れに出かけたり、発送とか在庫の整理に追われるということはかなり少なくなった。
全盛期には、ほとんど休む時間もなく仕入れとか発送とかの作業に追われたので、その時の習慣が身についてしまっている。
当時は売上も大卒初任給くらいはあったので、副業としては申し分なく、頑張ればその分収入も増えたので面白みがあった。
今では注文はほとんど無くなり、在庫もかなり減らしたのだが、
ブックオフとかリサイクルショップが目に留まれば、つい立ち寄り、なにか背どれるものはないか物色したり、
注文も来てないのに、セラーセントラルを覗いたりしてしまう。
長く続いた習慣は、暇になった今でもなかなか拭いされない。
アマゾン病というか、転売病というか、目にするものはすべて、
転売価格を見極めようとしてしまう癖がついた。
これで得たものも多いのだけど、逆に失ったものも多いような気がする。