ステマと評価

アマゾンの出品者に関する評価を見ていて、いかにもヤラセくさいものをたまに見かける。
或る程度良い評価がないと注文など来ないから、出品者としては評価の有無は死活問題だ。
特に始めたばかりの初心者には、評価が全くないのはかなり辛い。
そうなると、適当な人脈をお願いして無理にでも評価を増やしたくなる。
しかし、そうした評価は自ずとヤラセくささが出てくるものだ。
逆に、自発的な評価の一覧は、見ていて不自然さがないものだ。
たとえば、そっけない評価ばかりが並んでいたら、それは無理にお願いした結果でできたものだ。
自発的な評価は、購入者が自らの意思で書くものなので、おのずと個性が出きて、
バリエーション豊かな評価が貯まっていく。
それを見た他の客も、評価に釣られて注文に至ってくれる。
真にサービスが良くなければ、評価に余計なことまで書かないものだ。
ありきたりの文面や繰り返しなどが見て取れれば、ちょっと怪しいと思った方が良い。