さて、お気づきだろうか。

ペイペイを使い始めて、1カ月が経とうとしている。
結局、コンビニではクオカードを先に消費しないといけないので、もっぱらペイペイを使うのは、近所のドラッグストアだ。
ちょうど良いタイミングで、ドラッグストアのキャンペーンで、
20%戻ってくるね。
ご存知だと思うが、ペイペイでは切手類やプリカには使えないのだが、微妙なのが地域指定のごみ袋だ。
これもコンビニなどでは、現金のみとなっている場合が多い。
公共料金と同じ扱いだから。
でもドラッグストアだと、これもペイペイで支払いが可能だ。
現在、ヤフーマネーがたっぷりチャージされているから、
どんどんペイペイ経由で支払っている。
ヤフーマネーを現金化すると、2%を取られるけど、
ドラッグストアでペイペイすれば、20%戻るのでお得だ。

さて、お気づきだろうか。
メインメニューに、空クロス銘柄一覧という項目が追加されているのを。
これは、今月、空クロスをしないといけない銘柄の一覧で、
つまり、今月は権利月ではないけれど、
他の月の権利銘柄であるが、
長期保有特典や、優待そのもの権利が得られるという銘柄です。
それをクロスすることを、空クロスと呼びますが、
その銘柄を自動的に抽出して一覧とします。

7月からの楽天の新しい信用取引ルール改訂で、
強制決済について気になる一文が追加される。
「オペレーター経由の手数料またはお客様がご選択されている手数料コースで定める手数料」
となる。
これまでは、強制決済では、オペレータ手数料の最低3,250円がかかる選択肢のみであったが、改定後は、それ以外の手動での決済方法が提供されるということだろうか。
最後の逃げ道を用意してくれるというのであれば歓迎だ。
一日信用で現引き忘れて、強制決済食らうのは、
一度は通る道だからな。
また、手動決済が可能なら、大口であれば手数料が無料になると考えられる。
この任意でのオペレータ課金のおかげで、
これまで楽天ではフライングや日計りのクロスは、
全くリーズナブルでなかった、が。
SBIのように、通常手数料で強制決済が回避できるのであれば、
フライングが可能になるのか。
しかし、これまでは、楽天ではフライングができないように、
在庫の補充が行われなかったが、
今後はフライングができるような補充に切り替わるのか。
他の証券では、フライングする日取りを間違えて、
無駄な手数料を払ったり、持ち越せせずに放流したりする輩がいる。
それを敢えて狙わせるのであれば、姑息な改訂だな。

サンリオから、総会案内到着。
例によって、ピューロランドのご招待がついているが、
今年は、会場が別になったので、日程も総会とは別に。
総会にも、ランドにも行くことは無いけど、
貸切日はめちゃ込みらしいから、覚悟していくとよいよ。

本日も、総会案内はたくさん届くが、実りはなし。
総会は、どれも遠方ばかりで、とても出かける気にはなれん。
そんななか、一通だけ近場で開催する銘柄がある。
お土産が出るかは定かではないが、偶には顔出してみるか。
大人の社会見学だな。