Category Archives: ノーリスク投資

アマゾンでトリモロス

先日の記事で紹介した、カルワザクラブのアマゾンギフト券をゲットしてきた。
サークルケーでは、アマゾンギフト券がエディで購入できる。
このエディは、クレジットカードでチャージしてあるので、0.5%のポイントが付いている。
具体的には、ローソンポンタカードでチャージしたので、9000円分だと、
45ポンタつく計算になる。
もっと高還元カードを使えば、この倍くらいは、ポイント2重取りできそうだ。
しかし、ポンタにはポンタの使い道があり、45ポンタの価値はその倍以上に
のばすことも可能だ。
残念なのは、今回使ったエディが、普通のエディで、できれば楽天エディで、
なおかつカルワザクラブ加盟のものなれば、さらなるポイント多重取りができただろうに。
そして、アマゾンギフト券(ネットプリカは不可!、ぶら下がっているヤツのみ)1万円分を
9000円分エディで支払い、持ち帰ってアマゾン貯金となる。
これは、アマゾンで欲しいものを買うのにつかうもよし、さらなる背取りに使うもよし。
9000円の投資が1045円の利益をとなり、利回りは、10.4%となる。

サークルケーでトリモロス

現在、サークルケーのカルワザクラブでアマゾンギフト券が
10000円分が1000円引きで買えるクーポンが配られている。
ご利用は、今週いっぱいまでだそうだ。
一人一枚までという制限があるのでちょっと悔しいが、
それでも1000円はトリモロせる勘定になる。
一万円を回すだけで、利回り一割は高利回りだ。
アマゾンギフト券は、いくらあっても多いということはない。
使い道などいくらでも思いつく。
クーポンは今週いっぱいだが、ギフト券に期間制限はない。
可能なら、現金ではなく他の方法で支払い、ポイント二重取りを
狙いところだが、ちょっと準備が間に合わない。

マクドナルドでトリモロス

楽天SPが、Edyに交換可能となった。
しかし、期限があるポイントはどうやら、交換できないようだ。
早速貯めたポイントのうち4000pを交換した。
獲得したポイントをほぼ現金と等価であるEdyに交換できるのは
大変ありがたい。
Edyであれば、各種コンビニで利用できるのはもちろんのこと、
メール便代に使えるし(ポイントももちろん貯まる)、
あまり知られていないが、マクドナルドでもエディが使える。
これまで、マックを攻略するには、株主優待券かマックカードを
楽天市場で調達するしかなかった。
これらの金券は人気が高く、額面以上のポイントを使わされて非効率な部分があった。
しかし、直接Edyに交換できるならば、換金率は100%である。
可能ならクーポンなども別にゲットして、Edyと併用すれば、さらにお得だろう。
これからは、交換できるポイントはすべてEdyに決まりだ。

エコキヤンペ-ンでなんだか儲けた件。

ひさしぶりにUFJの口座をのぞいてみたら、
エコキヤンペ-ン500円というのが記帳されていた。
たしか、エコ通帳とかいうののキャンペーンだったと思うが、
すっかり忘れていたので、なんだか儲けた件。
たかだが、数万円の預金でつく利息としては、かなりの高利回りであるな。
キャンペーンはとりあえず申し込んでおくものだ。

自動車保険でトリモロス

毎年恒例の自動車保険の更新がきた。
毎年掛け捨てなので勿体ないことこの上ないが、こればかりはいたしかたない。
保険契約前に、ポイントサイトなどで見積もりすると、ポイントや図書カードなどがもらえる。
支払いは、もちろんカードを使うのだが、それだけではまた物足りない。
ここは、料金収納で決済をお願いして、セブンでナナコで支払う。
ナナコは、ポイント2倍デーに先にチャージしておいてあるので、
実質ポイントが2倍つまり2%のキャッシュバックとなる。
4万円の保険なら、1600円が戻ってくることになる。
さらに、契約後も契約書にアンケートなどが同封されていることがある。
きっちり回答しておけば、さらに図書カードなどがもらえる。

吾唯知足

ノーリスク投資における吾唯足知とは、キャンペーンやポイント等で日常生活のすべてを
まかなえるようになることだ。
吾唯足知とは、欲望を我慢するのではなく、欲望を満たした上で経済的自由を勝ち得ることだ。
さすれば、資産は己と増え続け、不安も無くなりただ足るを知る生活となる。
最終的に目指すは、吾唯知足である。

日常生活は、飲食だけではない。
時には、娯楽も必要だろう。
ネット上ならほとんどの娯楽の材料には事欠かないが、有料のコンテンツなどで
どうしても欲しいものが出てくる。
その場合に、有効なのがBitcashだ。
ポイントサイトで集めたポイントなどは、このBitCashに交換が可能だ。
注意しないといけないのは、多くの場合交換できるのはBitCash STであり、
BitCash EXではないということだ。
めぼしいコンテンツは、BitCash EXでないと使えないので注意が必要だ。
だが、BitCashは、ポイントのマージができるので、
チャージ先にBitCash EXを指定すると、BitCash STからBitCash EXにすることができる。
このためには、BitCash EXを使い切らずに残しておくことが肝要だ。

外貨預金でとりもろせるか

SBIの外貨預金キャンペーン
1000通貨以上の預け入れで、1000円もれなくプレゼント

FXでうまくヘッジすれば、為替変動リスクを低く抑えて特典だけ得ることも可能かも。
1000通貨単位で取引できるFXならヘッジできる。
20万も準備すれば、クリアできそうだな。
問題は、外貨預金する場合に、スワップやスプレッドがどのようになるかだ。
当然FXよりは、スプレッドが高めだから、それがいくらになるかだ。
よほど、ふんだくられても数百円ですむかとおもうが。
つまり豪ドルを1000通貨預金して、FXで1000通貨売りを行い、
しばらく放置しておけばよかろう。
1000円  + 豪ドルの預金金利 - FXの売りスワップ – スプレッド(外貨預金) - スプレッド(FX)
がプラスとでるならやる価値がありそうだ。

スワップでトロモロス

証券会社やFXの口座は、キャンペーン狙いで結構開設している。
開設後は、あまり利用することなく眠っているわけだが、
せっかくだから、有効活用したい。
しかし、積極的にトレードすると相手の術中にはまり、大負けするのは目に見えている。
できるだけノーリスクで有効活用したい。
まずは、スワップ狙いの長期運用作戦だ。
しごく一般的な手法だが、資源国で似た動きをすると二国間で、
スワップが高い通貨を買い、低い国を売る。
つまり、豪ドルを買い、カナダドルを売るというオーソドックスな手法である。
まずは、手始めに1000通貨ぐらいの小額から運用してみる。
これがうまくいけそうなら、投資金額を増やして、一日500円の運用益を目指してみようか。
毎日のお昼代をこれで賄える計算となる。

SBI証券で100円とりもろす

以前に、SBI証券でISAに関するアンケート依頼が来ていたので、回答しておいたら、
その謝礼として100円をいただけるようだ。
こうゆうアンケートは、とりあえず回答しておくと、なにかと良いことがある。
手数料を払うだけでなく、すこしでもとりもろさないと。
たしか、SMBC日興のアンケート謝礼は、500円だったのだが、
SBIちょっとしょぼいね。

投信積立でとりもろす

本日がSBIの投信済み立てキャンペーンとやらの最終日なので、
せっかくだから申し込んでみた。
どうやって特典取りをするのか、今一つ理解できていないが、
今日5万円積立を申し込んで、来月約定すれば、そのうちSBIポイントが2000P
いただけけるらしい。
このSBIポイントは、今一つ使い道が分からないが、nanacoに交換できるので、
コンビニでの買い物にはつかえそうだ。
どんなポイントでも一度手にとってみないと、良い使い道も浮かばない。
多少減るが、Pexにしておけば、現金にもなるし、他のポイントへの交換経路として便利だ。
JALマイルにも交換できるが、価値が1/3になるのでちょっと考え物だ。
JALマイルを集める良さが今のところ理解できない。