あどせんすいただきました

ようやくあどせんすの集計が1まんを超えたようで、今回その成果が
振り込まれた。
他、なぜかアマゾンからギフト券が送られたきた。
アフィリエートの成果にしては、時期も金額も変なので、理由が分からない。
もしかして、マーケットプレイスの集計にミスでもあったのだろうか。
最近のアマゾンは、システムトラブルが多いようだ。

せどりの成果報告は、信用できない件

せどりをやっている人で、その成果をブログなどにアップしているひとがいる。
そうゆうのは、だいたいせどりの情報商材をアフィリや広告に載せていて、
そういったものへ誘導して小銭を稼ぐのが主な目的であると思われる。
つまり、せどりの成果報告は、信用できない上に計算が怪しい。
経験的に、せどりを今すぐ始めたからといって、そんなにうまくはいかない。
バーコードや電脳せどりとか、なんか儲かりそうな気にもなるが、
それらには、しっかり落とし穴があることを記述していない。
ある程度目利きができるようになれば、確かに儲けが出るが、反面、リスクや苦労も
増えることを書いていない。
集計もかなり怪しい。仕入れ原価と売上だけを比較して荒利を計算しているが、
実際には、アマゾンの月額課金、基本成約料や送料、梱包材、車代、ガソリン代などを
全く計上していない。
また、特に重要視しなければいけないのは、自分の人件費だ。
人を雇わなくても、自分の稼働時間や労力を計算にいれていない。
これらをすべて、勘案した上で、せどりが損得勘定として得になるかどうかである。
セドリばかりしていると、だんだんアマゾンの奴隷になったような気になってくるので、
一度しかない人生をアマゾンの奴隷として終わらせて良いかである。
たしかに、頑張れば頑張るほど売上上がり、収入もそこそこ増えるが、支出や不良在庫も増えていて、人生の重要な部分を切り売りてまで、収支のバランスがうまくとれなければ、やめた方が良いだろう。

朝モスも美味しゅうございます

ビッグマックに続いて、最近は、モスバーガーも久しぶりに復活を果たした。
モスは、個人的に、ファーストフードとは思っていないが、
朝モスとかいうのを始めたというので、ちょくちょく朝飯に通っている。
モスは、昼ごろ行くと異様に殺気立って、駐車場や席取りに苦労する上に、
レジで並び、商品が出てくるのも遅いときては、とても食べにいく気が失せていた。
しかし、朝モスならば、駐車場や席取りに苦労することはなく、せまいレジで並ぶこともなく、
注文で多少モタモタしても嫌がられることはない。
だから、朝モスは正解だと思う。しかも結構お得で美味しく快適な時間を過ごせる。
さて、モスではお金を一切使わなくてもすむ。
しかも、お釣りを現金で頂いた上で、モスバーガーを食べられる。
モスは、ダスキングループなので、ダスキンまたはモスフードサービスの優待券が使える。
ダスキン優待券が使えることはあまり知られていないのか、比較的安く手に入る。
これらは、当然ポイントで入手できる。
しかも、株主優待券を差し出した時の店員の反応が面白い。
また、グルメ券も利用できるので、これらを駆使すれば、
定価以下で朝モスを頂くことが可能で、端数をグルメ券で払えば、
お釣りももらえるということだ。
もちろん、これらの購入時には、ポイントも新たについている。

無料券でビッグマックを食べた件

先週マックのキャンペーンでビックマックを一つ買うと、
ビックマックの無料券がもらえるというのをやっていた。
だから、ビックマックを一つだけ購入して食し、
本日もらった無料券でビックマックを頂いた。
ドリンクやポテトは、原価にくらべて割高なので付け足しは負けだ。
ビックマックの値段は、390円なので、ようは半額の
185円で食べたことになる。
当然、この支払いは、クレカでチャージしたエディで支払うので、
チャージポイントはもらった上での支払いとなる。
購入時にもポイントが付くので、それもいただく。
ビックマックの原価は、200円ということだから、
原価以下で2つをポイント付きで購入できたことになる。
しかも、この店舗は、近日中に閉店予定だ。
マックは、経営不振らしいので不採算店舗は、どんどん閉店しているようだ。
閉店時には、オマケでポテトの無料券を付けてくれる。
この無料券は、閉店後に別の店舗で使うことができる。
だから、今週からはじまったフィレオフィッシュの無料券キャンペーンで無料券を
頂いてから合せて使わせてもらうことになる。

アマゾンで障害が多い県

また、注文が凪に状態になった。
セラーの画面では、障害が発生という赤い文字が並ぶ。
これが、影響しておるのか、注文がまったく来ない。
最近、アマゾンは障害が多すぎではないかな。
特にFBA絡みの障害は、頻繁に見る。
こんなことでは、FBAを信頼して商品を預けることなどとてもとてもできそうにない。

牛丼がタダで食べられる県

空き時間などでケータイゲームで稼いだポイントを、最終的にPexに集約してある。
月に1000円分くらいは、貯めることができる。
Pexなら、他のポイントに移行しやすいのでとりあえずPexである。
そのPexを、今回は、ワオンに交換した。
これまでは、ぐーに交換するとチャンポンがタダで食べれたが、
グーは、使っても使っても減らなくなったので、他のポイントに交換するのだ。
ただし、交換レートが90%と少し落ちるのが残念だ。
元本がかかっていないので、多少レートが落ちても気にしない気にしない。
ワオンは、メール便の発送に使えるし、吉野家で唯一使える電子マネーでもある。
つまり、経費も浮くし、牛丼がタダで食べられるということだ。

家賃をカードで払いたい県

毎月の家賃を結構なお値段で銀行振込で支払っている。
これをカードで払えれば、かなりポイントが稼げる。
それで、管理会社に電話して聞いてみたら、以外とあっさりコンビニ決済を了承してくれた。
コンビニ決済なら、カードが使える。
もっと、はやくから申し込んでおけばよかった。
ざっと計算すると、月1500ポイントは戻ってくる勘定になる。
費用として、110円がかかるらしいが、得られるポイントと合算して十分に利がある。
年間にしたら、18000ポイントにもなる。温泉旅行に行けるポイントだ。
これだけのポイントをこれまで無駄に捨てていたとは、知らないということはげに恐ろしかな。
また、知識が富を生む財産であることにあらためて
この家賃の中身には、駐車場、倉庫、水道代や町内会費なども含まれるので、それらの経費も
ポイント対象になった計算になる。本来なら、ポイントが付かないような経費だ。
払える費用は、すべてカード決済にするべきである。

なんとか注文が戻ってきたか

9月に入って、アマゾンの方もじょじょに注文が戻ってきた。
高額商品もぽちぽち出るようになった。
8月の閑散ぶりは一体何だったのか。
このままもとのペースで続いてくれれば良いが、こうゆうことが何度かあると、
やはり、アマゾンにだけ頼るビジネスモデルに不安がよぎる。
アマゾン以外の収入源を早めに確保しておく必要をひしひしと感じる。

また、最近、近所のブックオフが閉店するようだ。
最近のブックオフは、セールを頻繁に繰り返したり、閉店、改装が加速して
いるように感じる。
ブックオフだけに頼る仕入れもなんとか変えていかないと。

最近セールが多いと感じる今日この頃

最近ブックオフは、セールが多いと感じる今日この頃、
今日は、久しぶりにバーコードを使っているおばさんを見かけた。
休日背取りらしい、おっさんもみかけた。

今月は、特に売上が少なく、いよいよ本の背取りも見切りをつけた方が良いかと思っているところだ。
きっと、バーコードおばさんも、苦労していることだろう。普通の本を、仕入れても多分もう思ったようには売れないだろう。
アベノミクスもそろそろほころびだして、財布のひもがまた閉じようとしている。
無理に在庫を増やさない方が賢明である。
むしろ、今の在庫を以下に減らすということに専念した方が良い。
きっと、ブックオフもそれに気がついていて、最近妙にセールが多い。
気になるのは、セールが多いということは、仕入れが下がると同時に、相場も下がるということだ。セールの翌日には、在庫が過剰に放出されて、相場が崩れるやすいのである。崩れる前の値段を当てにして、仕入れるとひどい目にあうのである。それが、最近は頻繁に行われるのである。つまり、デフレが起きている。これが売れない理由かもしれない。

楽天証券でトリモロシタ件

楽天証券のスマホアプリでFXを取引のキャンペーンで、
先日、ほぼノーリスクで1000ポイントをゲットした。
さて、楽天ポイントは既に20000ポイント以上貯まっているのだが。
ここは、楽天トラベルで温泉旅行にでもいこうか。

セコく、賢く、楽しく、節約したり、蓄財したり。リスクは苦し、フリーランチは美味し。