All posts by 季寄里

株のトレードや株主優待、FX、背取り、副業、不労所得などを書き散らします。中には不正確な情報も含まれるので、ご注意願います。 時々、毒を吐きます。へそ曲がっとります。

GMOの株主優待

ネットを頻繁に使う人間にとってGMOの株主優待を使うと何かと便利だ。
100株単元で400円台なので買ってもっておくと良い。

まず、優待内容として、2000ポイントのとくとくポイントがつく。
カラメルなどでそのまま2000円分として使えるので何かおいしいものでも
取り寄せて使う切るのが良い。
カラメルは、ワケアリ食品などお得感のある通販が結構あるので、
額面以上に得したお買いものができる。
年間で4000ポイントもらえるし、さらに配当も4半期毎に頂ける。
加えて便利なのが、GMO関連企業のネットサービスに使える優待が
5000円分のキャッシュバック受けられる。
自身でドメインを持っていればお名前.comに使ってよいし、
プロバイダーのとくとくBBに使えば回線料金をかなり減らすことができる。
とくとくBBが月1000円くらいなので、年間で10000円のキャッシュバックが
得られればほとんど費用がかからない計算になる。
さらにキャッシュバックは、とくとくBBに加算してもらえば、
カラメルでの買い物にも使え、注文ごとに特典ポイントがいただけるので、
ポイントがさらに増えることになる。
株の売買手数料も、クリック証券で申し込めば5000円までキャッシュバックされる。
ちょっと株の売買を行えば、年間で10000円くらいの手数料は取られるので、
これがキャッシュバックされるのは大変ありがたい。
株の売買や1単元を保有するのがリスクだと思うなら、オクでも優待が売り買いされておるので、
それでまかなっても良い。
だいたい2000円以下で手に入るので、その数倍の価値は見いだせるだろう。

出品価格改定のタイミング

出品価格を改定するタイミングは結構悩むところだ。
意外なものが、半年くらいして最初の設定価格で売れたりするので
そんなに頻繁に改訂する必要はないというのは分かる。
しかし、いつまでも売れない商品があると価格を下げたくなるのが人情だ。
だから大体1月ごとに価格を見直すようにしている。
1年以上売れないものは、やはり価格設定に問題があると思われるので、
在庫処分価格で売る。

連絡先に電話番号は必須だと思うが

オークションの出品者で、住所だけですまそうとするのにまれに遭遇するが、
電話番号も当然連絡先として必須だと思うが、そうではないのだろうか。
金銭を見ず知らずの人間と取引するのだから、最低信用に足りる情報を
提示するのが当たり前だと思う。
電話を持っていないとかいまどき理由にならないが、
なぜ書けない理由があるのが教えてほしい。
しかも、やはりレスポンスが遅い。
評価の一覧をみると、そんなに悪い評価はないように思えるが、
これらの評価はヤラセなのか、どうしてもこの出品者にしては、
どうも出来すぎた評価だ。

結局、やり取りの回数が多くなって心象も大変悪く、
悪い評価を付けたくてうずうずしてくる。

最初から連絡先等を明記しておれば、1回のやり取りだけでスマートに
進むものを手間かかるだけ馬鹿なのではないかと思う。

ヤフオクで名乗らない出品者

ヤフオクで連絡先を告げない出品者に、この一月ほどで数回遭遇した。
落札した件数からすると、だいたい5件に1回くらいは、このパターンに遭遇する。
一応今のところ、連絡先を聞けば答えてくれてはいるが、
そのパターンの場合には、だいたいレスポンスが遅く、深夜に返答が来ることが多い。
想像するに、ニートかワーキングプアかダメ人間の類なのだろう。
もともとルーズでオークションに慣れていないとも思えない。
ワザと連絡先を隠して交渉をしようとしている節がある。
口座も明かそうとせずに、できるだけ「かんたん決済」で決済させようとする。
口座を知らせれば、本名や住所などもいずればれるし、ブラックリストに
乗ったり、凍結されたりしてしまうからだ。
商品や対応に問題がなければ良いが、隠そうとするからには、なにか問題が
あるに違いない。
盗品であったり、偽物であったり、住所が不定であるとか、口座が作れない
とか、空売りであるとか、ヤマシイことはいくらでもあるだろう。
ヤフオクがこの類のマーケットの温床になっているのは間違いない。
アマゾンだと、出品者は、厳重に登録、監視され、また住所を明記しなければ、
注文など来ないし、悪い評価がつけば致命的だ。
だから、出品者は、古物商などを取ってさらに信頼性を高めたりする。
だから、ヤフオクなどでイタイ思いをした購入者や出品者は、いずれアマゾンに流れてくるだろう。ヤフオクはやはりマーケットとしては怪しすぎる。

ヤフオクで連絡先を名乗らない出品者

最近、オークションで出品者が自身の連絡先を名乗らないケースが多いと思う。
私の感覚からしたら、まず落札されたら出品者の方から連絡先を伝えるのが礼儀だろう。
正体も連絡先も分からない相手に対して、現金を振込ことなどとてもできない。
それとも、それで納得して決済できる人間が多いのだろうか。
こちらから聞かなければ教えてくれないようであれば、ちょっと感覚を疑う。
おそらく敢えてそのような対応をしていると思われる。
黙って決済していれば、連絡先も告げずにトンずらするかもしれないし、
なにか問題があった商品の場合には、解決すらできない。
名乗れないのは、盗品の可能性もあるし、住所が不定重大な欠陥がある
特に問題もなければ、特別連絡することもなければ、出品者に詮索することもない。
それとも、連絡先を明かせない特別な理由でもあるのだろうか。

Amazon背取り

Amazon上の出品の中には、評価が少ないとか悪い評価があるとかの理由で、
商品自体に問題がなくても安く出品せねばならないことがある。
当然こういった出品者はリスクが付きまとうが、逆にリスクを計算したうえで、
入手が可能なら背取りの対象に成りうる。
どうせリスクがあるのは、ヤフオクやブックオフなどで背取りするのもそれほど変わらない。
1円出品ものがあって、相場より安ければ、その安い理由を勘案して背取りに回せば
良い。
安いものには当然安い理由があるが、たとえば、ニコイチにすれば正当な値段で再出品する
ことも可能なはず。
さらにいくつか同じ商材を集めれば、最上のものとかいくつかランク付けして出品することも
でき、ユーザとしては、商品の質にはランクがありその値段の差が理解してもらえる。
世の中には、どうせ送料や手数料を出すのであれば、多少の上積みをしても良い状態のものを
お求めになられる方が結構いる。特にアマゾンの客は、値段だけではなく質を求めているケース
が多い。
だから、状態「可」のものをいくつか集めて、状態「非常に良い」にすれば、倍以上の値段の差は
すぐに埋まるのだ。

JANコードを取得した件

JANコードすなわち事業者コードを取得した。
つまりこれで自分の商品にJANコードを張り付けることができる。
いまどきJANコードの何が良いかというと、この時代だからこそJANコードが必要なのだ。
Amazon上で自分のオリジナル商品を売りたい場合、Amazonでは簡単には商品登録させてくれない。
Amazon上で登録可能商品は、ISBNかJAN(EAN)が必須なのである。
JANコードを取得するとAmazon上の商品展開が全く自由に可能になるのである。
ISBNは取得するのがとても面倒だし、書籍に限られ一冊づつ登録せねばならず、とても敷居が高いが、JANコードは、個人でも1万円ちょっと払えば同じ事業者コードを3年間使うことができ
それも、999アイテムまで自由に自分で管理して使うことができる。
さて、なぜAmazonか、ヤフオクや楽天でもよいではないかと思われるかもしれない。
Amazonだと国内のサーバーに登録さえすれば、海外からも注文も可能になる。
決済もクレジットで行われるのでPayPalとか使う必要もない。
EBayなどでのPayPalはメールのやり取りが面倒だし、
自身でクレジット決済のシステムや契約も必要なし。
これまで自費出版とか独自商品を売りたいと思っても、なかなか有効なショッピングサイトへの参入は難しかったが、JANコード一つでそれが簡単になるのだ。
ワールドワイドのグローバルショッピングサイトがたった1万円で使えるようになるのだから、
これを使わない手はない。

ビーム背取りってどうか

最近、ビーム背取りをやっているおばさんを見た。
おじさんやおばさんの背取りは良く見かけるが、ビーム背取りをしているのを見たのは始めてだ。
おばさんにビーム背取りをするだけのノウハウがあったとは思えないので、
どこかの背取り業者にアルバイトで雇われたのだろうか。
普通の背取りでも違和感があるのに、ビーム背取りはさらに違和感がある。
ブックオフでは、ビーム背取りを禁止することもあるという。
特別混む時間帯でもなければ、店員も見て見ぬふりをするのだろうか。

ビーム背取りは実際のところどうなのだろうか。
単純に量をこなせば、目利きの質が落ちるだけで、不良在庫を増やすだけの
結果になりはしないか。
結局目利きの本質を得られなければ、効率化は逆効果になりませぬか。
背取りをターゲットにしたノウハウ商材の転売屋が儲かるだけではないか。
バーコードリーダを輸入して転売した方が儲かるのではなどと思ってしまう。

ステマと評価

アマゾンの出品者に関する評価を見ていて、いかにもヤラセくさいものをたまに見かける。
或る程度良い評価がないと注文など来ないから、出品者としては評価の有無は死活問題だ。
特に始めたばかりの初心者には、評価が全くないのはかなり辛い。
そうなると、適当な人脈をお願いして無理にでも評価を増やしたくなる。
しかし、そうした評価は自ずとヤラセくささが出てくるものだ。
逆に、自発的な評価の一覧は、見ていて不自然さがないものだ。
たとえば、そっけない評価ばかりが並んでいたら、それは無理にお願いした結果でできたものだ。
自発的な評価は、購入者が自らの意思で書くものなので、おのずと個性が出きて、
バリエーション豊かな評価が貯まっていく。
それを見た他の客も、評価に釣られて注文に至ってくれる。
真にサービスが良くなければ、評価に余計なことまで書かないものだ。
ありきたりの文面や繰り返しなどが見て取れれば、ちょっと怪しいと思った方が良い。

評価の複利効果

アマゾンで良い評価が貯まってくると、それに比例するかのように注文の数が増えてくる。
特に、毎日良い評価が最低でも1件でもあれば、その効果が絶大だ。
注文を出す方としては、直近のしかも特にここ数日分の評価が良いかどうか
を見ている。
だから、毎日のように良い評価があれば、安心して注文を出すことができる。
高価な品に特に評価は重要視される。
逆に、悪い評価が1件でも直近にあれば、格安などの理由がなければ選択枝から
消えることになる。
そのようにして評価が増えれば、注文も増え、さらにその後の評価も増えてくる。
これは複利的に注文や評価が増えることを意味する。
評価の数が月1割ずつ増えるとして、8ヶ月後には倍になり、12ヵ月後には
3倍になる計算になる。注文の数も同じだろう。
1年で3倍ということは、2年で10倍、4年で100倍ということだ。
複利効果は、評価や注文数だけではない、目利きの力も同じように増える。
当然、在庫も資産も複利で増える。