Category Archives: 資産運用

初めてプラスで終われそうな予感

これまで株とかFXとかいろんな投資にさんざん手を出してはきたが、まともに収支がプラスになった覚えがない。
時に勝ったりするものの、最終的な収支はなぜかマイナスになって終わる。
株も優待狙ったり、デイトレしたりいろいろ試してみたが、どれもしっくりこない。
だいたい損した気になるか、塩漬になるか、損切りばかりしている。
投資の世界は9割が負けるという説の通りだと。
昨年くらいから両建てを覚えて、裁量で取引するのを止めたら、プラスで終われそう感じだった。
しかし、うっかりトラリピに手を出してしまい、結局含み損に耐えられなくなり損切りしマイナスとなった。
その後の豪ドルの値動きからして、早めに損切りして良かったと思っている。
今年こそはと、裁量取引には手を出さないと心に決め、なんとかプラスで終われそうだ。
おそらく、投資というもので初めてまともな利回りを得るのではなかろうか。
お金はお金に稼いでもらう。こんな単純なことが、なかなかどうして実践できない。
ざっくり利回りを計算すると2%弱くらいだ。
これでも掛ける金額が大きいので、一か月分の生活費くらいにはなる。
とはいっても、これまでに負けた総額はうん百万はあるから、少しだけトリモロしただけだが...

日経上がってるな

投資関係のブログというと、儲かった事ばかりを書き連ねるのが多いね。
勝ち続けるのも嘘くさいし、記事に載せている数字なんか捏造ぽかったりする。
結局は、情報商材とかアフィリエイトで小遣いを稼ぎたいがために、有る事無い事のでっちあげだ。
書いてる本人も、読んでいる読者も、それだと継続的に注目集めないと気がついてきたようだ。
だから、成功談だけでなく、失敗談とかも混ぜないとリアルさがでないのだな。
中には、失敗談ばかりを載せるひともいて、その方がよりリアルだ。
実際に投資を始めてると、失敗しない方がおかしいし、美味く行った話は10に1つくらいだろう。
読むほうも、成功談は嘘が混じってと思って読んでいるので、むしろ失敗したケースを参考にしたいものだ。
それに、見栄混じりの成功談より、トホホな失敗談の方が面白いね。

というわけで、利上げが正式に決まって、日経も戻してくれている。
投信は、トホホな状態から少し灯りが見えてきました。
このまま2万円近くまで上昇してくれれば、少なくとも損はしなくても済みそうだ。

なんか投信でヤラカシタ件

毎日入金日にするべく投資信託を100万ほど購入してみたのだが。
先週末からの日経平均の値下がりで、いきなりマイナス勘定になっている。かなりブルーだ。
投資信託はいろんな物に分散投資しているはずなのだが、総じて日経平均などに連動する。
結局何を買っても日経のインデックス買いに近い投資なのだと、あらためて気がついた次第。
いつも何か事を起こすと、かならず最悪のタイミングにぶち当たるのは、なぜなのか。
たまには、逆に絶好のタイミングに遭遇するというのは、あり得ないのだろうか。
年度末に向けては、日経も上向くだろうから、とりあえず塩ズケか。

毎日が入金日だと嬉しい件

両建てのスワップは、毎日受け取りがあるので、それが僅かな金額でも定点監視していて飽きない。
スワップ差はほぼ毎日一定なので、想定どおりの受け取りなのだが、
その想定通りの差額だったのを確認するのが毎日の日課だ。
これとは別に、投資信託の毎月配当を使って、日替わりで毎日入金を実現できないか検討している。
投資信託の毎月配当は、基本的にタコ足配当で投資としてメリットが少ないのが定説ではあるが、
これは単純にパズル的なマネーゲームとして実践してみたい。
大和だと1000円から投資信託が普通に買える(積立ではない)ので、それを自動振り込みに設定して、
日替わりで銘柄を揃えると、結構毎日が決済日で埋まる。
1000円の投資信託だと、配当は数円だが、それでもちゃんと自動振り込みをしてくれる。
資金としては、数万円で収まるが、大和だけだと完全に毎日を埋めることができない。
実は、以前にも似たようなことを試してみたが、無意味かと思いきや意外とプラスの結果を出すことができた。
投資信託の良しあしは、はっきりいって理解できていないが、決済日を散らばらせることで、
適当に選んだ銘柄でもそれなりバランスのよいポートフォリオになったらしい。
投資信託も意外と悪くはないかなというのが、結論だ。
株やFXのように、値動きを年中追う必要がないのは、歳寄りにはありがたい。
こういったものが歳寄りに流行るのも理解できる。
大和以外にも、いくつかの証券会社が自動振り込みに対応している。
目ぼしいところだと、SBIとかコスモとか。楽天だと1000円以上の振り込み金額でないと
対応してくれない。大和とSBIだけで、ほぼ完全に毎日決済日が埋まる。
で、どうしても埋まらない日がある。
2日だ。
28日、29日、30日も埋まらないが、これは月によって存在しないからだ。代わりに月末決算日というのがある。
ただの遊びではあるが、結構投資信託の勉強になる。

トヨタの新株はどうかな

トヨタが元本保証の新株を発行するというニュースが先日賑わっていたが、
実際のところ本当にお得なのだろうか。
ニュース記事としては、良いところだけを取り上げた盛り状態だ。
配当利回りをみると、最大2.5%とうたっているが、これは5年間で段階的に
引き上げられての%なので、平均すると1.5%だ。
5年で平均利回り1.5%で元本保証なら、まあまあか。
株価が上がれば、売却益を得られるメリットもあるというが、
社債と同じように、トヨタが存亡の危機に陥らないければ、リスクはないだろうが、
5年のうちに世の中何があるかわからない。
JALだって倒産したし、シャープだって存亡の危機だ。東電だって、ぎりぎり税金を投入して
首がつながっているだけだ。
上場一流企業だって、明日は何が起きるかわからない。
5年も資金を固定されるリスクと、平均1.5%の配当が割にあうかどうか。
正直、トヨタといえども車のメーカにそれほど明るい未来があると思えない。