Category Archives: ギフト券

いや、3月銘柄はちょっと早すぎ

カブコムの一般信用売り抽選倍率を見ていると、
3月銘柄のチムニーを既にクロスしている人がいる。
それも、ぼちぼち出ているね。

カブコムの一般信用売り抽選倍率は、毎日履歴を残しておりますので、以下のURLで確認できます。
倍率1.0以上のものだけランキング表示します。
http://yashagaike.com/stockswap/generalMarginRanking.aspx

私には理解できないので、その理由を示してみます。
単純に今100株をクロスしたとして、
現物手数料 270円
信用手数料 268円
貸株金利 1,668円
事務管理費 432円
で合計、2,638円の経費が掛かります。
これで、優待券が500円×10=5000円分です。
儲からなくはないですが、半分が経費で飛んでいきます。
手数料が多少安くなる手法を使っても、金利と事務管理費は変わりません。
しかも、この優待券は、一回に一枚づつしか使えないので、ランチなどで使っても、追い金が必要です。
夜飲みなら、さらに多い追い金が必要となり、使い勝手の悪いものです。
ヤフオクでも、2割くらい額面割れしてますし、金券屋だと半額くらいで買い取りされます。
結局、転売してもそれほどの儲けにはなりません。
500株だと、さらに利回りは落ちますし、1500万くらいの資金拘束が残り4カ月も続きます。
拘束される資金に対して、5000円くらいしか儲かりませんので、利回りが低すぎです。
それでも、クロスしたい理由は?

 

 

ジーフットから優待券到着

8月権利銘柄が、ぼちぼち届き始めてます。
それと、今月期限のカタログギフトなどが結構ありますので、
一斉に注文を出しています。

ジーフットから、優待券が到着。
100株2口なので、2000円分です。
よくイオンに入っているASBEEで使えます。
今のところ、靴は足りている。
期限が来年8月までなので、来年クロックスを新調するまで寝かせておきます。
ありがとうございます。

すかいらーく(3197)の一般信用在庫数

前回、マクドナルドに続き、カブコムのすかいらーく(3197)の一般信用在庫数を推定するよ。
前回と同じ方法で計算すると5,242,800株が売りに出されたことになる。
もちろん誤差があり、データが取れていない時期があるので、これ以上の株数と推定します。
前回は、2か月前には結構残っていたのだが1カ月きると在庫が減り始めたね。それに合わせて、在庫の放出も10万株単位になる。
今回は、11月に入り減り始めたけど、倍率は3倍以下だ。
カブコムの抽選倍率は、欲しい株数より多目に申し込む人がいて、倍率3倍くらいだと、実際には全員抽選くらいの感覚だ。
抽選倍率だけを見て、びっくりしないことだ。
毎日77700株ずつ放出されているけど、これは前回のペースよりかなり早い。
今回は、前回よりも多目に確保している可能性がある。
早めにクロスしても金利が余計にかかるだけで、何も良いことはない。
気の早い人が買い漁っているようですが、ぼちぼち、倍率も下がってきて、売れ残るようになってきたので、そのうち手に入れやすい状況にはなると思います。
前回の在庫数を今回の日当たりの在庫数で割わると、ちょうど
権利落ち日くらいになりますので、きっと、カブコムはこのペースで毎日放出し続けます。
もしかして前回以上の在庫数を確保していて、12月に入るとぐっと放出ペースが上がる可能性があります。
残り2週間になると、楽天とかSBIとかの競争になるので、それ以前に在庫を吐けないといけませんから。
これも、品薄商法のつもりなのでしょう。

残りの信用売り在庫がどのくらいあって、どのくらいのペースで放出されているかを知れば、焦る必要はなく、一番自分に最適な時期に在庫を確保することができるでしょう。
前回でも、権利落ち2週前では、在庫が結構残っています。
SBIだと、フライングクロスで在庫が無くなっているけど、楽天だと比較的取りやすい時期があります。
まだ、1カ月半以上も期間がありますので、冷静になるのです。

すかいらーくの売り残の履歴は以下で確認できます。銘柄コードや時期を変えることで、他の銘柄も確認できますので、よく吟味する良い。

http://yashagaike.com/stockswap/GeneralMarginHistory.aspx?Code=3197&Syutokubi=20170627

マクドナルドの一般信用売り在庫総数

既に、この銘柄の争奪戦が始まっているように、お見受けしますが、はやくクロスしても金利を余計にとられるだけで、もったいないです。
カブコムが、品薄商法をしているだけで、釣られてクロスすると大損しますよ。

前回権利日6/27のカブドットコムの信用売り在庫数の履歴を集計して、在庫総数を推定してみました。
今回も前回とおなじように推移する補償はありませんが。
単純に、売り残がその前回より減った分を合計しただけです。
つまり、売れた数を集計しました。
最終的に、在庫は0になりますので、概算としては正しいはずです。
合計 1,562,700株
データが足りない部分があるので、あくまで推定です。
実際にはこの数字よりずっと多いと思います。
在庫は、十分潤沢にありますね。

傾向としては、権利日2か月前くらいから売れ始めるので、
抽選倍率が1を割らない程度に、2~5万株の範囲で調整して小出してきます。
品薄商法と同じです。
1カ月を切ると、売れ残るのが嫌なのか、10万株単位でちょいちょい出してきますので、それから確保しても十分間に合います。
最終的に、カブコム、SBIと楽天の3社の一般売りがそろってくるので、どこかで売りは確保できる状態になります。
前回も、楽天の売短がぎりぎりまで残っていました。

ちなみに、信用売りの在庫履歴は、以下のURLで確認できます。

?一般信用売り在庫履歴
http://yashagaike.com/stockswap/GeneralMarginHistory.aspx?Code=2702&Syutokubi=20170627

10月の権利取りは、お寂しい限りです

しかし、今月はろくな優待がないな。
カレーもワインも要らない。
口に入れるもんは、良く選ばないと、無駄金使うことになる。
ワインは、実売価格1000円の安物だし。
ハートマークのショップは、出来損ないで欲しいものないし。
業務スーパーは、一単元もクロスできなかった。

でも、何も取らないのも悔しいので、少しだけ権利取りしました。

4666 パーク24 100×2
3475 グッドコムアセット 100

グッドコムアセット は、現物で取りましたが権利落ちが。。。
止めときゃ良かったよ。
パーク24は、基本的に駐車料金がかかる場所には出かけないけど、何かのために優待券コレクションに入れとこかと。
休むも相場だ。

稲葉から図書カードが到着

日経平均は、今日は後半上がりませんでしたね。
いつもだと、日銀だかの買いが入って、盛り返すところが、
それが無かったとみえる。
いよいよ、日銀の出口戦略が始まるのでしょうか。
買い支える人がいなくなれば、一斉に暴落しますね。

100人乗っても壊れない物置の稲葉製作所から、
図書カードが届きました。
300株2口とったので、3000円×2で6000円。
ちょっと、使うには恥ずかしい柄だけど、
ありがとうございます。
でも図書カードネクストって、使っても穴が開かないので、
金券屋では買い取ってくれない。
転売目的だと、ちょっと考えものですね。
本や雑誌は良く買うし、読んだらすぐにアマゾンで売るので、
自己消費しても苦にはなりませぬ。

KOMECAは、買い取り不可なんだ

コメダの優待で貰えるKOMEKAを、金券屋で買い取りを聞いたら、買い取り不可だと。
見た目には、ポイントが幾ら入っている分からないし、確認もしてくれないので買い取れないのだ。
需要が無いので、買い取る気がそもそも感じられない。

ここは、モーニングサービス発祥の地である。
コメダって、実はあんまり行かないし。
だって、モーニングにトーストとゆで卵しか付かないなんて、この界隈ではありえないっす。
あとサラダとフルーツ、お味噌汁か茶わん蒸しがつかないとモーニングとは呼べないっす。
サービスで10品くらい付いてあたり前の土地なので、コメダの順位はすごい低いっす。
でも、なぜか店もいっぱいあるし、そこそこ混んでいたりする。
多分、他の店がいっぱいだったので、流れてきた客で埋まるんだ。最期の受け皿としてね。
席数や駐車場も広いので、家族連れとかが、たらい回しされて、最終的にコメダに行く。
迷ったあげくに、取り敢えずコメダに行くと。
この近所では、そんなイメージなんです。

USMHより優待券

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス
から、優待券が届きました。
でも、これが使える店舗は、近所にはありません。
オクで売っても良いのですが、売っても1500円くらいが相場です。
今回は、返送して新潟県産コシヒカリと交換してもらいます。
2口あるので、すこし時期をずらして送ってもらいます。

MOSバーガーで朝食を

よく、マクドナルドとMOSバーガーで、どちらが良いかと論争になりますが、そもそも比べるのが間違っていると思います。
だって、MOSはファストフードではないですから。
高いし、遅いし、並ぶし、でも美味しい。
マクドナルドも良いのですが、MOSも時々無性に食べたくなります。

そんなMOSバーガーで朝食を頂いてます。
MOSは、朝だけモーニングセットというのがあって、少しだけ安くなりますね。朝のうちは、席も空いていますし、並んだり待ったりしません。
モーニングセットには、スープも選べるので、クラムチャウダーが美味しいです。

MOSの場合は、攻略するのにいくつか方法があります。
まず、MOSフードかダスキンの株主優待です。
ですが、どちらも利回りが悪いのでお勧めしません。

次に、JEFグルメカードです。
グルメカードを優待で採れる銘柄が結構ありますので、
そちらを狙った方が効率は良いです。
また、グルメカードは金券屋とか会員制福利厚生サービスなどでも値引き販売されています。

今回は、MOSカードを手に入れて支払いをしました。
MOSカードは、MOS専用のチャージ式プリペイドカードです。
これがオクなどで額面割れで売られています。
先に、不要な優待券などを売却した際に、ヤフーマネーで受け取っておりますので、そのヤフーマネーで手に入れました。
実質的に、手数料なしで物々交換したようなものです。
売却した優待券も手数料はかかりますが、タダみたいなものです。

MOSカードは、なぜ、額面割りで売られているのでしょう。
実は、MOSカードは、クレカでチャージできます。
カードは店頭でタダで手に入りますので、クレカのポイントをくすねることができます。
また、MOS会員になると、MOSポイントというのが付いてきて、各種特典がえられます。
さらに、毎月25日以降は、チャージポイントが4%割り増しになるのです。
これらの総合すると、額面の5%以上の特典が暗に得られることになり、額面通りで売ったとしても利回り5%以上の効果があるのです。それで、ネット上では、額面割れでも売られている。
それに、ポイントやヤフーマネーの消費という需要があり、
MOSの優待が取りにくいことや、クレカの信用枠の現金化とか、もろもろの状況がかさなりMOSカードが売られている。
今回は、MOSカードを買う側に回ったのですが、
逆に売る側にも、それなりにメリットはあるわけです。

で、もしMOSバーガーに飽きてしまったら、カードはどうするのか。売ればよろしい。
MOSカードは、新しいカードを手に入れて、ポイントを分割することもできます。使い切れないなと思ったら、別のカードにポイントを転送して、それを売るなりすればOK牧場だ。

結論、MOSバーガーは、MOSカードで。

MUJIパスポートケースを改造

優待券などを持ち歩くのに便利な無印良品のパスポートケース。
ですが、愛用して使っているうちに中のポケットファイルの
口が開け閉めでバカになってしまいました。
何度やっても、しっかりと口が閉まらずに、そのうち大切な優待券を床にぶちまけてしまいそうです。
これと似たようなものを探して、差し替えても良いのですが、
このタイプのジッパーは、耐用回数が低いような気がします。
食品などを一時的に保管するくらいなら、耐久性に問題ないのでしょうが、財布がわりに頻繁に開け閉めするものはないのでしょう。
幸いなことに、このパスポートケースは、2穴方式のバインダーですので、代わりになりようなものを物色しました。
すると、手帳用クリアホルダーというものがあるではありませんか。
手帳などに差し込んで使うクリアファイルです。
近所のダイソーにA5手帳用3ポケットタイプが2つ入りで、100円で手に入りました。
そのまま差し込んでも良いのですが、やや大きいので、
少しハサミでちょっきんして、2穴パンチで穴をあけますと、
見事にきれいにはまりしました。
これで、もともと付いていたクリアホルダーは、不要となりました。
カスタマイズできるって、素晴らしい。