Category Archives: 株主優待

ヒューリックから優待が到着

先週末に昨年の12月に権利取りしたヒューリックからカタログギフトが届きました。
今年最初の優待です。
以前には、よく取っていた優待なので、なんかお久しぶりって感じです。
3000円相当のカタログということですが、確かにそれくらいの内容です。
食べ物関係が多いですね。リンベルのサターンコースというカタログです。
300株を保有しないといけないので、利回りを考えるとあまりよくないかもね。
でも、長期保有でグレードがアップする銘柄なので、また年末にも取る予定です。
ありがとうございます。

株主優待のブログって嘘くさいよね

他人が書いている株主優待のブログなんてものを見ていると、
中にはどうも嘘くさいものが混じっているね。
普通、その銘柄でそうゆう買い方はしないだろうと思えるものが結構ある。
この人、ちゃんと売買していないなと。バレバレだよ。
真面目に?優待目的に売買していれば、銘柄ごとに買う単元数も大体パターンが
出てくるものだ。
仮に家族名義のものも混ぜたりしたとしても、それはないなと思える。
かなりキラキラ、ドリームが入っていって、水増し感があるのだが、
それを見て証券会社を開設したりする素人さんもいるだろう。
まあ、ばか正直にブログなどに戦績を上げる必要もないのだけど、
自分の記録として残していることもあり、極端な盛り方はよくないよね。

株式移管は、3/10までに

GMOクリックが株式移管の申し込みを3/10までの分と期限を切ってきた。
3/10移行の申し込みは、4/3の処理となるらしいので、半月以上放置されてしまう。
当然権利確定日には間に合わない。
たぶん、GMOで買って、カブコムに移管する人が急増して対処に困ったのだろう。
この手数料体系ではそうなるように仕向けているとしか思えないのだが、
それでもこうゆう期限を切るというのは、この3月の移管申込が想像以上に多いのだろうね。
だって、現物の購入手数料がまったく次元が異なるのだから仕方あるまい。
3月は、28日が権利日なので、その2週前で連休を挟んで17日ごろが最終締め切り
になるかと思っていたけど、それでは移管できないということだ。
余裕をもって、そのさらに1週間前倒しで仕掛ける必要がある。
実際には、利回りの良さそうな手ごろな価格の銘柄は、すでに売りの在庫がない。
どちらにしても、3月に入ったら本格的に仕掛けた方が良さそうな。

楽天証券はスィープ機能で

今回は、楽天証券でクロスをとってみた。
楽天で一般信用売りができることは、あまり知られていないのか、
本日権利確定日の引け間際でも、売りの在庫がかなり残っていた。
銘柄数は、株コムには及ばないもののめぼしいものは結構ある。
次いでにスィープ機能というマネーブリッジ機能が強化されたので有効にしてみた。
今回取った銘柄は、
 エーアイティ 地方名産
 ヤマザワ ギフト券1000円
 イオンデライト ギフトカード 2000円
エーアイティは、株コムだと早々と在庫が無くなっていたけど、楽天でも楽勝だった。
金券ではなくて、地方名産のカタログギフトだが評判は良さそうだ。
他の2点も在庫はたくさんあったので、引けぎりぎりになって取ってみた。
株価が高めなので権利日ぎりぎりでないと取りづらい銘柄ではある。おかげで金利は2日で済んだ。
スィープ機能を有効にしたことで、引けぎりぎりの判断で資金的に足りていなかったけど、
足りない分は、まるでオートチャージみたいに自動引き落して購入できる。
在庫がまだあれば取ろうと考えていて、かなり機動的になれる。
資金が余ったら、今度は銀行口座に戻してくれるので、普通金利も0.2%のままだ。
楽天だと若干手数料が高めだけど、今回は初めてのクロスなので仕方がない。
このパターンなら、最初から一日定額にしておけば良かった。

手数料は、敵だ

優待クロスで必需品のカブドットコムであるが、どうしても気に食わないのが手数料が結構かかることだ。
この手数料のせいで優待価値とのバランスが悪いものが結構ある。
いろいろ調べたり試したりして分かったことは、少しでも安くできる方法が幾つかある。
まず、NISA割り、女子割り、シニア割引りとかで、数%の割引が利くがこれは現物取引にしか適用されない。
幸い私は、50才以上のシニア割引年が利いているので2%の割引が利いている。
NISA口座を開設すれば、さらに1%の割引だ。
他に、株主優待特典で0.5%~とかあるけど、すべて足しても数%の割引にしかならない。
これだけ組み合わせても、手数料が1万円あたり数百円が戻ってくるだけだ。
カブコム自体ではなく、MUFJの株主優待クーポンを利用すれば、1枚1000円で最大3000円が戻ってくる。
他、身内や友人などに紹介キャンペーンで紹介することで、紹介者の手数料が最大5000円まで無料になる。
今回は、これを狙ってみる。
このキャンペーンは、現物以外の手数料も対象のようだ。
優待取りには家族名義の口座も必要なので、タイミングをずらして口座を作ることでこのキャンペーンを利用できる。
優待月などを狙ってタイミングよく申し込めば、かなり有効なのではなかろうか。
現物の調達は、日10マン以下は無料の松井や、信用が格安のGMOなどで調達して、移管を行うのがセオリーだろう。
移管して後は、権利確定後に現渡すれば、売却の費用は一切かからない。
松井の場合には、さらに信用口座を開設すると半年間は、日30万以下の取引が無料になる。
これを利用すれば、松井で両建て可能な銘柄は限られるが30万以下の銘柄はタダでクロスできる。
片張り30万でもGMOとかカブコムと組み合わせて両建て、移管を行えば、手数料をかなり抑えることができる。
とにかく手数料をあの手この手で、抑えることで、優待クロスを価値のあるものにできる。
株はいろんな買い方や売り方ができて、とても面白い。

すっかり株の世界に嵌っています

そろそろ2月の権利確定日が近づいてきました。
以前は、FXで豪ドルの両建てばかり狙ってたのですが、
最近は為替の値動きに付いていけなくて、なにかイベントがあるたびに
ドキドキしてしまいました。
最近は、株主優待を狙う取引ばかりに注力しています。
クロス取引は、どうやら自分の性に合っているようです。
基本、ザラバでは一切取引しません。
だから、朝の寄り付きしか取引しません。
それも、前日に仕組んでおいて、あとはのんびり約定結果を確認するだけです。
作業も夜に行いますので、昼間はお仕事とか副業とかに専念できます。
夜に作業しますので、腰を据えてじっくりと作戦を練ることができます。
株主優待で稼ぐには、手数料との闘いだと思っています。
手数料と優待価値を吟味してみかけると、割りが合うとものはそれほど多くはありません。
複数の証券会社を使い分け、一番安く済む方法を吟味し組み合わせして、
ルーチンワークのように行動に移します。
投資は、興奮したら負けと何かで読んだことがありますが、
この方法だとパズルを解くように冷めた頭で計画を練り実行します。
ほとんどがクロス取引ですので、日経平均や値動きを気にすることはありません。

株主優待生活を夢見て

桐谷さんじゃないけど、株主優待だけで生活はできるものなのか、
可能ならば、いくらくらい資金を投入すれば生活できるのか考えてみる。
株主優待のほとんどは、この2月、3月そして9月に偏っている。
だから、資金を投入する時期もこの時期に集中させればよい。
これ以外の時期は、お金が遊ばないように両建てでもして働かせばよい。
桐谷さんは、高利回り、優待株をホールドするスタンスなので、その分余分な資金を投入してしまっている。
いろんなご意見があるけど、3000万もあれば日常生活くらいを優待のみで賄うことも可能らしい。
都市銀行に3000万あずけても、ティッシュ一つ送ってこないけど、
優待ならメロンが送られているくらいは朝飯前だ。
クロス取引のみでこの時期に集中投資すれば、もっと少ない資金で行けるのではなかろうか。
1000万も軍資金があれば、うまく回転させて、似たくらいの優待を得ることも不可能ではない。
優待で得られるのは、現物だったり、食事券、割引券、クオカードなどなどだが、
ただしクロス取引では現金での見入りは全くない。
むしろ、現金は先払いで手数料として取られて減り続ける。
現金収入は、給料や背どりなどで足りているので、それ以外に生活防衛したり、
質を向上させたりできれば、より豊かな人生を歩めるというものだ。
現金を使う機会が減れば、その分、投資に回せるというものだ。
特にカタログギフトなどでは、普段では選ばないような食品とかグッズなどを、手ごろな
手間で手に入れられる。
似たようなものは、ふるさと納税でも手に入れられるけど、納税できる金額とか回数とかで
制限がある。また、2000円の負担は最低でも必要だ。
株主優待ならそういった金額とか回数制限はなく手に入れられる。

トリプルバーガーを喰ってきた

体に悪いと分かっちゃいるけど、定期的に食べたくなるジャンクフード。
早速、当選を果たしたトリプルバーガーとやらを喰ってきた。
さすがにこれにポテトを付けると凶悪なカロリーになりそうなので、
サイドメニューはサラダにしておきました。
値段はダブルバーガーと同じですが、カロリーは約1.5倍です。
お値打ちなのかどうなのか、考えてしまいます。
野菜っけが全く入っていない分、ビッグマックより脂がきつい感じですが、
若い人にはこれくらいの方が受け入れ易いんでしょうか。
おぢさんにはちょっと胃にこたえましたが、
でも、またしばらくしたら、食べたくなるのでしょう。
バフェット銘柄なのも解ります。

カブドットコムの入出金ってお粗末だ。

最近、優待クロスを頻繁に使うようにって、カブドットコムのお世話になっている。
かなり使い慣れてきた。
まず、手数料体系にボックスレートがないので割高とも思える場合があるけど、
いろいろ姑息な手法をつかうと、手数料を安く済ますことができる。
これで株主優待の利回りを上げることができそうだ。
しかし、入出金には、主だったネット銀行が一切対応していなくて、
お世辞にもネット証券といえないくらいお粗末だ。
なんで、まともにリアルタイム入金できないのだろう。
楽天銀行をメイン利用してる身としては、とても使いづらい。
入金には、楽天の他行振込み無料の3回を使わねばならず、すぐに使い切ってしまいそうだ。
時間に余裕があれば、いったんSBI証券経由で入金し、SBIネット銀行に移して、
ランク3に上がった特典の他行振込無料7回を使うようにする。
出金だと、三菱UFJかイオンに出金して、楽天証券にリアル入金してからハイブリッド移動する。
どらちも一度で移動できずに日数もかかり面倒だ。
三菱UFJをメインすればよいのかもしれないけど、大して特典もつかないし利回りが低すぎる。
イオン銀行も無料入出金として利用できるけど、ゴールドカードに昇格した今となっては、
そんなに大金を預ける意味はない。
しかも、イオン銀行は、他行振込無料回数を得るためには、ステージを上げねばならず、
これには時間がかかる。
その点、楽天銀行はほとんどのネット証券でリアルタイム入金に対応しているし、
ランクを上げるのも容易だ。

荒い相場が続いているね

トランプ就任で荒い相場が続いているね。
カブも為替も動きが荒いこと。
豪ドルの両建てでは、就任式以前に決済して現在はノーポジである。
大統領令の乱発で、混乱しているのかしばらくは落ち着かないだろう。
為替に関してはしばらくは様子見と決め込んだので、
ここはひとつ、株主優待に資金を回そうかと思っている。
優待だけを狙った投資は、利回りはあんまりよくないけど、
ほぼノーリスクで計算可能な手数料だけを支払えば、確実なリターンがある。
お金を遊ばしておいても仕方がない。
とはいえば、2,3月の優待を狙ったクロス取引は、すでに旨味のある
銘柄は一般信用売りが無くなってしまっている。
すこしでも利回りの良さそうなものから、売りがどんどん減っているので、
金利を多少払ってでも早めにクロスしておく必要がある。
利回りの良いコロワイドや吉野家は、先週くらいにはまだ在庫があったはずだが、
とっくに在庫がなくなってしまったようだ。
出たとしても抽選倍率も高く、当たる気がしない。
どちらも早めにクロスしておいたので一単元はとれたのだが、
もう一単元取っておこうと思ったら、この始末だ。
食事券やCUOカードなどの転売用金券目当ての優待クロスもいずれ無くなるだろう。
あとは、お楽しみようにカタログギフトをいくつか取れればよいかな。