Category Archives: フリーランチ

朝モスも美味しゅうございます

ビッグマックに続いて、最近は、モスバーガーも久しぶりに復活を果たした。
モスは、個人的に、ファーストフードとは思っていないが、
朝モスとかいうのを始めたというので、ちょくちょく朝飯に通っている。
モスは、昼ごろ行くと異様に殺気立って、駐車場や席取りに苦労する上に、
レジで並び、商品が出てくるのも遅いときては、とても食べにいく気が失せていた。
しかし、朝モスならば、駐車場や席取りに苦労することはなく、せまいレジで並ぶこともなく、
注文で多少モタモタしても嫌がられることはない。
だから、朝モスは正解だと思う。しかも結構お得で美味しく快適な時間を過ごせる。
さて、モスではお金を一切使わなくてもすむ。
しかも、お釣りを現金で頂いた上で、モスバーガーを食べられる。
モスは、ダスキングループなので、ダスキンまたはモスフードサービスの優待券が使える。
ダスキン優待券が使えることはあまり知られていないのか、比較的安く手に入る。
これらは、当然ポイントで入手できる。
しかも、株主優待券を差し出した時の店員の反応が面白い。
また、グルメ券も利用できるので、これらを駆使すれば、
定価以下で朝モスを頂くことが可能で、端数をグルメ券で払えば、
お釣りももらえるということだ。
もちろん、これらの購入時には、ポイントも新たについている。

無料券でビッグマックを食べた件

先週マックのキャンペーンでビックマックを一つ買うと、
ビックマックの無料券がもらえるというのをやっていた。
だから、ビックマックを一つだけ購入して食し、
本日もらった無料券でビックマックを頂いた。
ドリンクやポテトは、原価にくらべて割高なので付け足しは負けだ。
ビックマックの値段は、390円なので、ようは半額の
185円で食べたことになる。
当然、この支払いは、クレカでチャージしたエディで支払うので、
チャージポイントはもらった上での支払いとなる。
購入時にもポイントが付くので、それもいただく。
ビックマックの原価は、200円ということだから、
原価以下で2つをポイント付きで購入できたことになる。
しかも、この店舗は、近日中に閉店予定だ。
マックは、経営不振らしいので不採算店舗は、どんどん閉店しているようだ。
閉店時には、オマケでポテトの無料券を付けてくれる。
この無料券は、閉店後に別の店舗で使うことができる。
だから、今週からはじまったフィレオフィッシュの無料券キャンペーンで無料券を
頂いてから合せて使わせてもらうことになる。

牛丼がタダで食べられる県

空き時間などでケータイゲームで稼いだポイントを、最終的にPexに集約してある。
月に1000円分くらいは、貯めることができる。
Pexなら、他のポイントに移行しやすいのでとりあえずPexである。
そのPexを、今回は、ワオンに交換した。
これまでは、ぐーに交換するとチャンポンがタダで食べれたが、
グーは、使っても使っても減らなくなったので、他のポイントに交換するのだ。
ただし、交換レートが90%と少し落ちるのが残念だ。
元本がかかっていないので、多少レートが落ちても気にしない気にしない。
ワオンは、メール便の発送に使えるし、吉野家で唯一使える電子マネーでもある。
つまり、経費も浮くし、牛丼がタダで食べられるということだ。

本日のお昼は、カッパす~し~♪

本日のお昼は、カッパす~し~♪。
88円(税込92円)のお皿を6皿分食べると、552円ですので、
525円の優待を使うと、差額は27円です。
30円出して、3円のお釣りをもらいます。
基本的に、現金は極力持たないし、使わないようにします。

飲食系の株主優待は、ランチで使え

飲食店系の株主優待を権利取りしたり、獲得したポイント消化で優待券と交換したりする
ことが多いかと思うが。
こうした優待券を使っていても、なんか損したような気になることがある。
特に居酒屋系や飲食系の優待券を夕食時に使った場合である。
飲食店、居酒屋などは、ランチはあくまで客寄せでリーズナブルに提供し、
夜でその元をとってボッタくるという形態が多い。
客層や客単価により、値段も倍以上の開きがでる。
同じ額面の優待を使うにしても、夜に使ってしまうとボッタくられた感が漂ってしまう。
株主優待も、一番効率よく運用するのが肝要である。
タダメシを食うにも、一番最良の方法で食べたいものだ。

グルなびギフト券が使えない店 栄

グルなびのサイトで、入手したギフト券が使える店を探していざ使いおうとすると
なぜかお店で断られる。
店がわの言い分は、いろいろだ。
「ランチでは使えない」「この券は、使えません」とか。
どうも、グルなびの管理が行き届いていないようだ。
というよりは、店側の勝手な都合が大きいだろう。
グルなびにギフト券が使えると宣伝だして客集めして、
実際には使えないのだから大変始末が悪い。
店側としては、現金で支払いを受け取るのが一番だから、
バイト店員にギフト券の扱いを故意に徹底していなかったり、
いざギフト券を出してきた客に適当な理由であしらおうとする。
こうゆう店は、はっきりいって、資金繰りや現金管理が怪しいので、
次から行かないほうがよいだろう。
他の客にも迷惑だから、グルなびはちゃんと店名を公表した方が良い。
使用条件が細かくあるなら、それを店側もグルなび側も明記するべきだ。
ちなみにこのパターンは、これで2度目だ。
グルメサイトなど口コミ情報は、店側から利用料を取っているから、
悪い評判を投稿させてくれないし、ぶっちゃけステマも多い。
だから、なかなかこうゆう情報は、表面化してこない。
名古屋栄「台所は*がわ」およびこのグループ店には要注意だ。

本日、牛丼2日目

吉野家が牛丼280キャンペーンを開催して、二日目も牛丼をいただく。
今回は、ちゃんと割引券とグルメカードを併用する。
今日は、付け合わせはサラダにした。
お昼代は、320円で、グルメカードを使い現金180円をゲット。
少しは健康面も考えないと、さすがに毎日牛丼単品では体を壊しかねない。
割引券があと、二枚あるが少し間を置くか。
明日は、仕入れで少しを遠出をするついでに、チャンポン麺スタンプラリーの
続きをこなすとする予定。

牛丼280円で失敗した券

本日から、吉野家がぎゅーどん280円のキャンペーンを開始した。
4月24日(水)15:00までだ。
期間が限られているので、早速頑張って通う。
さすがに初日だけあって、少し時間をずらしてみたが、めちゃくちゃ混んでいる。
さらに、50円の割引券が手元にあるので、味噌汁とセットにして頼んだ。
味噌汁代はタダとなるはずが、グルメカードを一緒にレジで出したら、
店員に嫌な顔をされた。
同時には使えないというのだ。
仕方がないので、同時使用をあきらめたが、帰ってよく割引券を見てみたら、
グルメカードを同時使用可と書いてあるではないか。
もっとよく見ろと買い下がればよかったと公開している。
どうも慣れていないバイトに当たったようだ。
本日は、これで50円の損をこいてしまった。
でも、普段の価格よりは割安だったのだが。
しかし、これは、なんとかトロモロサねば気が済まん。
この割引券があと3枚もあるので、この4/24までにすべてつかってやる。
グルメ券と同時使用で使い切って損した現金をとりもろす!

蔵寿司でとりもろす

蔵寿司には、株主優待券がある。
これを、株のトレードでとっても良いが、
人気があり株価が2000円程度するので、優待権利取りの
間際になると値動きが激しくなる。
相場に慣れていなければ、リスクが多分にあるので避けたほうが良い。

この優待券は、オークションや楽天市場でも取引されていて、
額面通りか場合によっては額面割れで取引されている。
株主優待券の類は、有効期限があり、期限がちかくなると
額面割れで取引されることが多い。
リスクを冒して優待をとるより、ポイントをためて、
ノーリスクで優待券を手にいれるほうが賢いだろう。

ためた楽天Pを使い、楽天市場でこの優待券を手に入れる。
だいたい額面ぎりぎりで手に入る。
つぎに、チラシに入っているク蔵寿司の割引券を利用する。
1000円以上の飲食で210円引きとなる。
合わせて、1210円分の優待券として使える。
これだけあれば、二人分の飲食に十分である。

王将でとりもろす

今日の、お昼は王将でいただいた。
今度は王将をなんとか攻略してみたい。
最終目標は、王将で合法的に有意義なお昼ご飯をしかもタダでいただくことだ。
その手始めに、実証実験を重ねていきたい。
まず、基本はサービス券とギフト券を使う。
餃子サービス券は、定期的にチラシに入っている。
チラシが手に入りにくければ、オークションなどで手に入れることができる。
期間制限が厳しいので、比較的安く手にいる。一枚30円くらいが相場だ。
安いといっても送料などの手数料がかかるので、
王将にいく頻度を勘案して、一番リーズナブルな落札になるように調整する。
多めの枚数で落札して、家族や昼友と分け合ってもよかろう。
ヤフーや楽天のポイントなどで期限の迫ったハンパがあれば、それで手に入れば現金を使うまでもない。
そのポイントは、クレジットの支払いやポイントサイトなどでもゲットできる。
できるだけ現金を使わずに手に入れるのが、重要だ。
次に、グルナビギフト券を入手する。
これは、会員制のサイトやオークションで買えば、額面500円が480円くらいで手に入るが、
現金を使わない方法は、ポイントサイトなどのポイントを
Pex経由でグーポイントに交換し、最終的にギフト券にする。
ギフト券は割引券ではないので、餃子サービス券とギフト券は併用が可能だ。
500円分の会計に使えるが、残念なことにお釣りがでない。
だから、できるだけ500円に近くなるように組み合わせ、それに餃子を足す。
たとえば、チャーハン+キムチ+餃子のセットだ。
焼きそば+ご飯(中)+餃子でも良い。
チャンポン麺+餃子もありだ。
ご飯(中)+キムチ+餃子×2という餃子セットもできる。
ワンコインランチとしては、十分満足するものだろう。
これで、会計525円となり、現金払い30円のお昼ごはんが完成する。